まるごと!エンタメ〜ション

ミシンパーソナリティ

2020年4月22日(水)

☆4月22日(水)の放送内容☆

今日も変わりやすく
冷たい風が強い1日。
午前中には雪もちらついていました。
暖かくしてお過ごしください。

本日、コロナ対策で幸代さんに変わり
とあるパーソナリティが登場!
さて誰でしょう??

使い捨てマスクの品薄が続き
「手作りマスク」の本が売れている今日この頃。
そこで今日の「まるごと!リサーチ」は
「手作りの良さを語ろう!」

マスクだけじゃなく、
DIYや料理など、
巣ごもり生活で見直されている
「手作り」を大いに語りましょう!

📧marugoto@stv.jp
📠011-202-7290

ちょっとイイ声、村岡さんは
2時台に登場。
小樽の今の大変さを逆手に取った取組について
お伝えします。

午後3時の「まるごと!ミュージック」は
「90年代演歌特集」
ピンチヒッターがナビゲート⁈

お聞き逃しの方は、是非タイムフリーでどうぞ!
  • 画像

☆4月22日(水)の選曲☆

【13時台】
M1「ジョニーの子守唄/アリス」
M2「恋はスリル、ショック、サスペンス/愛内里菜」
M3「テレビの国からキラキラ/松本伊代」
M4「宗右衛門町ブルース/平和勝次とダークホース」
M5「TRAIN TRAIN/THE BLUE HEARTS」

【14時台】
M1「紅蓮華/LiSA」
M2「Yes-No/オフコース」
M3「手編みのプレゼント/岡田奈々」
M4「I AM THE BEST!/PERSONZ」
M5「ひとり/ゴスペラーズ」

【15時台】
<まるごとミュージック〜90年代演歌>
M1「夜桜お七/坂本冬美」
M2「珍島物語/天童よしみ」
M3「孫/大泉逸郎」
M4「一円玉の旅がらす/晴山さおり」
M5「島田のブンブン/中村美津子」
M6「夢街道/山本譲二」
M7「白い海峡/大月みやこ」
M8「無言坂/香西かおり」
M9「二輪草/川中美幸」

M10「この涙を知らない/片平里菜」

【16時台】
M1「二人だけのデート/ベイ・シティ・ローラーズ」

「まるごと!ミュージック」今後の予定!

  • 画像

☆4月22日(水)のまるごと!エンタメ〜ション☆

しろっぷのまるごと!中継(スタジオ編)

しろっぷの二人は
青森にも店舗のある
車の買取と中古車販売を行う
「株式会社サンワイズ」の熊谷さんに
お話を伺いました。

サンワイズの買取には4つのメリットがあります。
・直販だから高額査定
・知識豊富な査定員
・カスタムはプラス査定
・トラブルは一切なし

お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-313-533 までどうぞ。

☆まるごと!Otaru海だより☆

今日もFMおたるの村岡啓介さんに
「小樽堺町通り商店街」についてお伝え頂きました。

小樽堺町通り商店街はJR南小樽駅から
歩いて10分ほどの場所にある小樽を代表する観光通り。
900メートルほどの通りの両側にガラスや土産物店、
お寿司やスイーツなどの飲食店など70軒ほどのお店が軒を連ね、
普段なら平日でも観光客や修学旅行生などで大賑わいの場所です。

が、この度の新型コロナウイルス感染症の影響で、
平日はもとより土日の週末も今ではほとんど人が歩いていません。
お店によっては3月の売り上げが前年対比90%減、
シャッターを閉めて休業するお店もあるという大変厳しい状況にさらされています。

そのような中、お客様がいない通りを背景に、
商店街の自虐的なポスターが今話題となっています。
「元気です!空元気です!お客様来ないから、
もう笑うしかありません!ワッハッハッハー!」という衝撃的なキャッチコピーの下には、
商店街振興組合に加盟する店舗のスタッフ10人ほどが肩を組んで満面の笑みを浮かべています。
ポスターの下には小さな文字で「助けてください」と切実なメッセージも載せています。

3月上旬に完成したポスター第1弾は商店街のホームページや
Facebook、InstagramなどのSNSで公開し、
大変な状況を笑い飛ばす姿に大きな反響を呼びました。

第2弾は「さかいまち盛り下がってるぜーっ!!」のキャッチコピーに
「ウソじゃないからエイプリルフールまで待てませんでした」
と4月1日直前の3月31日に公開、
第3弾はフォークダンスのジェンカの如く商店街スタッフが肩に手を置き1列に並び、
「人がいなくて寂しいので分身の術、使っちゃいました」と、
ここまでくると自虐を通り越してちょっぴり泣けてくるポスターになっています。

商店街ではこれまでに第5弾まで発表しており、
人通りの少ない状況を良いことに、スタッフで組体操のピラミッドのような形を作ってみたり、
5人組の戦隊モノのように「マジでタイヘンジャー」とファイティングポーズを取ってみたり、
あの手この手を使ってポスターで自虐と笑いを届けています。

小樽堺町通り商店街の青年部会長簑谷和臣さんは
「この状況を笑い飛ばして乗り切りたい、このポスターを見て笑って元気になってもらえれば」
と話していました。

ぜひ商店街のホームページやSNSをご覧いただき、笑ってもらえたら幸いです。
また、商店街のお店では通信販売を行っている所もありますので、
合わせて見て買ってもらえると嬉しいです。

終息した時は、是非
ポスターに移っている皆さんに会いに行きましょう。
STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオ60周年