牧やすまさ路地裏のスピリッツ

中札内 真鍋精肉店「特製味付ラムジンギスカン」

2019年2月22日(金)

「特製味付ラムジンギスカン」350g 605円(税込)

  • ざ
    「特製味付ラムジンギスカン」
今週のまちの情熱きわめつけは、創業50年以上!中札内村に根付いて、
おいしいお肉を提供し続けている真鍋精肉店から
「特製味付ラムジンギスカン」をご紹介!
プロの目で厳選した上質な羊肉を使用!
秘伝のタレにはりんごや玉ねぎ、生姜、こしょうなどなどを贅沢に使い、
手間ひまかけてブレンドしています!
そんな秘伝のタレを新鮮なお肉にたっぷりとしみ込ませてあるんですー!
そんなこだわりのジンギスカンをSTVラジオ特設キッチンで
焼いてまいりましたー!
濃厚なのに後味がもったりしないジンギスカン!
アサヒスーパードライとの相性もバツグンです!

この「特製味付ラムジンギスカン」のおいしさのヒミツを教えてくれたのは、
真鍋精肉店の創業者、生まれも育ちも中札内村!真鍋和清(かずきよ)さん(73歳)
そして二代目(息子さん)の薫さん(49歳)。
創業時の苦労を和清さんに伺うと「当たり前の話しだけど、
昔は骨がついたまんまの状態で肉が届くから、
それをまずはさばいて、加工するっていう手間があったからねー。
力仕事だし、それが大変だったのかもね。でも、逆を言えば、
今は骨がキレイに取り除かれた状態で肉が届くから、差をつけられる部分が
加工方法や味付けに偏ってくる。昔はどれだけ肉を無駄にしないかという
職人技が肉屋を支えていたから、そう言った意味では腕の見せ所だったとも
言えるよね!」と、当時を振り返って教えてくれました!
時代が移り変わる中で、まちのお肉屋さん、
村のお肉屋さんが生き残るためには「ここでしか食べられない味」を作ること。
「おいしさを追求する」というシンプルな答えが、そこにはありました。
そこで、和清さんに、おいしさのヒミツを伺うと「なんと言ってもタレ!
ジンギスカンを漬け込むタレにはお金も手間ひまもかけてます!」と
自信満々!
醤油ベースのタレに生姜をきかせて、ごはんがすすむ味付け!
もちろん!アサヒスーパードライも飲まさるわけです!
ですが、このジンギスカンをほおばると奥のほうから
ホワッと優しいほのかな甘さが感じられるかと思います!
これが真鍋精肉店のこだわり!
「この50年の間にタレの味はよりおいしくなるようにと少しずつ変えていて、
その中でも、ウチのタレのキモになっているのが『りんご』!このりんごが
タレの味の決め手になるんだよ!」と教えてくれました!
「ウチのタレには、青森県産のりんご『ふじ』を使っていて、
これが一個200円とかするもんだから、
タレの原価が肉の原価と同じくらいかかっちゃって大変なのよ!」と言うから驚き!
「タレに使うだけだからといって、ボソボソのりんごを使うと、
雑味が感じられる仕上がりになる。パリッとしたみずみずしいりんごを使うと、不思議と
タレもパリッとする!スッキリしたさわやかな甘みがジンギスカンにも良く
合うんだよねー!そこを追求した結果、『ふじ』を使うことになってね…
何度も言うけど、お金も手間もかかるんだわー!」と笑って話す和清さん!
こだわりはそれだけにとどまらず「僅かにではあるんだけど、
季節の移り変わりとともに、タレの調合を少しだけ変えてます!夏と冬では味覚にも変化が
あって、おいしいと思うものが違ったりする。寒い中で食べるのと、
汗かきながら焼肉食べるのとでは味わいって違うでしょ?かと言って
お客さんがウチの肉を室内で食べるのか、外で食べるのかなんてわからないから、
こちらとしては、お客さんの求める味に少しでも近づいてくれたら
いいなって想いで、ほんとちょっとだけ変えてるくらいよ!」ですって!
タレひとつとっても、コショウを変えてみたり、
加熱をしない「生ダレ」というスタイルを崩さないなど、
随所にこだわりのひとてまふたてまをかける
真鍋さん親子!

店頭での売り方にもこだわりがあって
「ウチは肉をショーケースに並べないのさ!並べて置いておくとドリップ、
いわゆる旨みが抜けちゃうから、
ウチはお客さんが来てから肉切りをして、その場で味付けをする!
肉も味付けもなるべくフレッシュな状態でお客さんのお手元に渡せるように
してます!」と薫さん!
一切の妥協を許さない。こういったこだわりがファンを増やし、口コミが
口コミを呼び、地元中札内村で愛され続けることはもちろん、
本州からも毎日のように、お肉を届けてほしいという依頼が舞い込んでくるという人気ぶり!
ふるさと納税でも大人気の「特製味付ラムジンギスカン」!
ふるさと納税については9割方が本州からの注文だそうで、今回ご紹介の
ジンギスカンのご用命がやはり多いのですが、
実は!真鍋精肉店のオススメは鶏肉!「味付フレッシュ若どり」なんですって!
こちらも、中札内と言えば鶏肉、鶏肉と言えば「中札内田舎どり」!
ということで厳選された鶏肉を使用し、ジンギスカンとはまた違う
味噌ベースのタレで味付けされているということで…これもうまいに決まってます!
こちらも食べていただきたい逸品です!
「ふるさと納税もそうですが、なにかのキッカケでウチのお肉を食べてもらえたら、
きっとまた食べたいと思ってもらえるはずなので、
おいしいものを作り続けることが、まちのお肉屋さん、村のお肉屋さんが生き残る、唯一の方法
なんだと思います!」と和清さん!
ラジオの前のみなさんも是非、中札内村から生まれたこだわりのジンギスカンを食べてみてください!
  • と
    「特製味付ラムジンギスカン」
真鍋精肉店
「特製味付ラムジンギスカン」
350g 605円(税込)
※店頭販売、中札内の道の駅でも販売中
住所 河西郡中札内村大通南2丁目27
電話番号 0155-67-2034
営業時間 8:00〜18:30
定休日 日曜日


 
北海道地域情報サイト