牧やすまさ路地裏のスピリッツ

妹背牛町・フレッシュマートしんたに「ライスコロッケ」

2019年10月18日(金)

「ライスコロッケ」(ごま昆布・角煮・カマンベールチーズ) 各味1個 70円(税別)

今週のまちの情熱きわめつけは、食欲の秋!新米の季節ということで、日本有数の米どころ妹背牛町のライスコロッケをご紹介!
旭川から車で1時間、深川市のお隣にあるのが妹背牛町。人口およそ2900人。総土地面積4864ha。そのうちの70%が水田!町を上げてお米作りに向き合い、真摯に取り組んでいるんです!そんな妹背牛町内唯一のスーパー「フレッシュマートしんたに」のライスコロッケをご紹介!具は3種類!
  • ライスコロッケ
このライスコロッケのおいしさのヒミツを教えてくれたのは「フレッシュマートしんたに」の惣菜担当 山本操(みさお)さん(70)
米どころ妹背牛として、地元のななつぼしを100%使用した商品でマチを盛り上げられないかと考案されたのが、このライスコロッケ!
作り方は、おいしさと食べやすさを追求した結果、まずは一口サイズ50gのまあるいおにぎりをこしらえます。そこに小麦粉パン粉をまぶし、170℃の油で4〜5分揚げたら完成!外はカリっと、中はふっくら艶やかなななつぼし!
これだけでもおいしいのに、具材にもこだわっちゃいました!妹背牛のおいしいななつぼしに合う具材は何かと、絞りに絞られて、今回ご紹介の「ごま昆布」「角煮」「カマンベールチーズ」の3つが選ばれし妹背牛代表選抜メンバーとなったわけです!
こだわりはこれだけにとどまらず!具材とお米との相性も考えて、ごはんの味付けもそれぞれ変えている!これもひと手間ふた手間ですよー!
ごま昆布は、ごはんに塩、角煮は、ごはんにすき焼きのタレ、カマンベールチーズはケチャップごはんにして味付けをそれぞれ変えているんです!
このひと工夫が、お米と具材の間を取り持ち、ごはんと中の具をより一層仲良しにしてくれる!
これが口に入れたときに衣、ごはん、具材が渾然一体となるポイント!
小さなライスコロッケの中に、マチの方々の想いと、愛情と、工夫が詰まりに詰まっています!
  • ライスコロッケ
■「ライスコロッケ」(ごま昆布・角煮・カマンベールチーズ)各味1個 70円(税別)
※店頭販売の他、冷凍での地方発送も承っています

フレッシュマートしんたに
妹背牛町1区10
0164-32-2146
営業時間 9:00〜19:00
定休日 なし
  • 牧&なおこ
北海道地域情報サイト