牧やすまさ路地裏のスピリッツ

第10回「法務省 札幌矯正管区」更生支援企画課長 伊藤涼平さん

2019年12月3日(火)

12月8日(日)10時~チカホで再犯防止シンポジウム 「えっ!そうなの?薬物依存」が開催されます!

このコーナーでは毎週、社会復帰や更生を目指す刑務所出所者を支える方たちにご出演いただき、それぞれが抱える問題や地域全体で支えていくことの重要性をお話いただきます。
  • 伊藤さん
    伊藤さんは長野県出身。今年の春から北海道・札幌へ
●「法務省 札幌矯正管区」は、どのような団体ですか?
→ 法務省 矯正管区は,法務省矯正局の地方支分部局として,全国8ヶ所に設置されています。札幌矯正管区は,北海道に所在する矯正施設,いわゆる,刑務所,少年刑務所,拘置支所,少年院及び少年鑑別所を管轄し,これらの施設の適切な管理運営を図るための指導・監督を主な業務としています。札幌市東区の東苗穂にある札幌刑務所や札幌少年鑑別所などと隣接した場所にあります。

●伊藤さんは、「更生支援企画課長」として、どのようなお仕事をされていますか?
→ 札幌矯正管区の更生支援企画課は,いわゆる,再犯防止推進法や推進計画に基づく各種施策の推進を図っていくため,本年4月に新設された部署です。道内の矯正行政に関する地方公共団体や関係機関,民間団体等の総合窓口として,地域における再犯防止の推進のお手伝いをしています。具体的には,地方公共団体や民間団体の方々に矯正施設の見学等をしていただき,新たなイベントや企画を計画・実現したり,全国の他の施設での取組を紹介して地方創生策を一緒に考えたりするなどしています。
  • 伊藤さん2
    (伊藤さん)本年度の北海道ブロック再犯防止シンポジウムが,今週末の12月8日(日曜日)10時から,札幌駅前通地下広場,チカホで、「えっ!そうなの?薬物依存」というテーマで開催されます!薬物依存症の治療と研究のパイオニアである国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦先生によるトークセッションと,北海道で,実際に依存の問題を抱える方の支援に携わっている方々によるパネルディスカッションなどを通じて,依存の問題を抱えて犯罪を犯した人たちが社会復帰する際の,地域社会における受け皿の必要性や,地域のネットワークづくりの大切さを,ご参加いただいた皆様に知っていただければと考えております。
●社会復帰・更生を目指す方たちを拒む 壁 は何だとお考えですか?
→ 刑務所から出所を控えた人たちにアンケートをした結果,およそ8割の人たちが「もう二度と犯罪はしない」,「出所後はきちんと仕事をして規則正しい生活を送りたい」と立ち直りを決意しております。また,矯正施設でも再犯防止に向けて様々な取組を進めており,出所後2年以内に再び刑務所に戻る割合である再入率も年々下がってきているところでありますが,依然として,16.9%の人が再び刑務所に入所しているという実状もあります。

再犯を防ぐためには,本人の努力はもとより,就労や住居の確保に向けた支援,保健医療・福祉サービスの利用に向けた支援とともに,社会復帰後の地域社会の理解も重要になっていると思います。事件を起こし,刑務所や少年院に入った人たちのほとんどは,そのあと,社会に戻ってきます。その際に,社会から排除し続けていては,円滑な社会復帰や更生にはつながらず,悪いループから抜け出せないと思います。もう一度,やり直すことを受け入れてくれたり,やり直そうとする努力を認めてくれ,又,立ち直った人を支えてくれたりする地域社会の理解も大事だと感じています。

●社会復帰・更生を目指す方たちを支えるために、私たちが出来ることは何ですか?
→ 一般の方々にとって,「矯正施設」や「再犯防止」は身近な話題ではないかもしれません。でも,最近では,災害発生時に矯正施設が提供する避難所を利用するなど今後身近に感じることがあるかもしれません。まずは,刑務所や少年院,少年鑑別所でどのようなことをしているのかを関心を持って知っていただければと思います。また,我々も,これまでは矯正施設の中にばかり目が向きがちでしたが,受刑者や少年院在院者たちが帰っていく地域とのシームレスな連携というものを積極的にできればと考えており,様々な取組に挑戦しています。
  • イベント
    (伊藤さん)参加方法は地域の方々が気軽に参加ができるよう,このシンポジウムとしては全国で初めて,事前の申込なく自由に一般市民が参加できる“広場”での開催となっておりますので,当日,チカホにお越しいただければと思います。また,トークセッション等だけではなく,当日,午前10時から午後4時までの間,パネル展示や関係団体等によるブース展示,刑務所作業製品即売コーナー,性格検査体験コーナーなども準備しておりますので,お聞きの皆さまのご参加をお待ちしております!
STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオをラジオクラウドで聴く