河村通夫の桃栗サンデー

ジッパー袋でにしん漬け

2016年10月16日(日)

ジッパー袋でにしん漬け

  • ニシン漬け
【大サイズのジッパー袋(約25センチ角)を使います】

キャベツ小1個(ざく切り)、
大根半本(いちょう切り)、
にんじん1本(皮ひきでうす切り)
→3つ合わせておよそ1.5kg

水をコップ1杯(約200cc)

野菜と水を合わせた重さの3%の自然塩。
(野菜1.5kg+水200gで塩約50g)

全てをジッパー袋に入れ、塩を溶かし
30分後、野菜がしんなりしたら
空気を抜いて冷蔵庫へ。

※身欠きにしんは一晩、米のとぎ汁につけて戻しておきます。

☆次の日☆

戻しておいた身欠きにしん(1.5cmにブツ切り)
こうじ80gぐらい(乾燥こうじは水やぬるま湯で10分ほど戻す)
針生姜や輪切り唐辛子を少々。

ジッパー袋に全て混ぜて
再び冷蔵庫へ。

  • ジッパー袋
じわじわ発酵して
5日目ぐらいから食べられます。
  • ニシン漬け
ニシン漬けに使っている「身欠きにしん」
河村家ではずーーーっと
余市町 マルコウ福原伸幸商店さんの
本乾身欠きにしん「銀燐」です。

ウロコを丁寧に取っているのでウロコが少なく、
3週間かけてじっくり乾燥させているので
嫌な脂くささが一切ありません。
身はふっくら。にしん漬けの主役になります。
にしん漬けの美味しさの決め手は美味しい「身欠きにしん」を
使うこと。

余市町 マルコウ福原伸幸商店さんの「銀燐」は
余市町「柿崎商店」 小樽駅「駅なかマートタルシェ」
道内の西友、東光ストア、旧ダイエー系のイオンで
販売中。
是非お試し下さい!!


  • 渋谷
    美味しさに箸が止まらぬ渋谷もなみ。

渋谷もなみの新婚修行!!

ニシン漬けって子供の頃はそんなに好きでもなかったのですが
歳を重ねる毎に好きになり今では大好きなお漬物の1つです(^-^)

夏に急に食べたくなった時に救ってくれたのがこのレシピ!
簡単にとっても美味しいニシン漬けがジッパー袋でできちゃいます!
樽を置く場所がない、ちょっと食べたい。そんな方にもオススメです!

ニシン漬け
今晩のお供は秋色に色づいたラベルの「二世古・秋あがり 吟風」。
秋も終盤に向かい冬の訪れを感じるニシン漬けと一緒に頂きます♪
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く