河村通夫の桃栗サンデー

ふきのとう

2017年3月26日(日)

ふきのとう

  • レシピ
春はにがみ、夏はすいもの、秋はからみ、冬は心して油とれ
(貝原益軒「養生訓」)

冬に不足しがちのミネラル分を
にがみのある春先の野菜(山菜)で補いましょう!

ふきのとうをお尻から2〜4つに割り、
塩を一つまみ入れたお湯で3分程ゆがく。

空気に触れると黒くなるので
お皿などで落し蓋をするのがポイント

水でサッと冷まします。

  • 画像
ボイルふきのとうを刻んでお椀にいれ、
お吸い物や味噌汁を注ぐだけ。

薬味として冷奴やイカ刺しに。

塩を一つかみまぶして塩漬けすると
長く楽しめます。

味噌2:砂糖1にお酒少々で作った甘味噌に
刻んだボイルふきのとうを混ぜて
「ふきのとう味噌」に。

河村さんがオススメなのは
卵かけご飯にボイルふきのとう!!

これは目からウロコの美味しさです。
ただし、入れすぎ注意!!

  • キムチ
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く