オハヨー!ほっかいどう

お知らせ

今朝の一曲目はヒデとロザンナ!

2020年8月4日(火)

8月4日(火)の番組

  • 画像
    ヒデとロザンナのイメージでポーズをお願いしたところ、このような仕上がりになりました。

《今日のオンエア曲》

5時 M1  星の砂 / ヒデとロザンナ

6時 M2  マイホームタウン / ポール・アンカ
   
8時の空と歌 
   M3  午後の旅立ち / リチャード・クレイダーマン
 

「なるほど!朝活ワード」

7時40分頃からの『なるほど!朝活ワード』

今朝のワードは【 終活 】
終活とは「人生の終わりについて考える活動」を略した言葉で、10年ほど前に本で取り上げられたり、映画のテーマになるなどで注目され、2012年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに選ばれたことでよく知られるようになりました。
具体的な活動の内容としては、家族のために必要となる情報や自分の希望を残しておくエンディングノートを書くこと、遺言書を作成しておくこと、葬儀の準備や荷物の整理をしておくことなどが挙げられます。

そんな終活が近頃、形を変えてデジタル化されてきているんです。
例えば、紙で残すことが一般的なエンディングノートを、三菱UFJ信託銀行が来月、スマホ用のアプリとして提供します。
これは、貯金や証券のある金融機関名や、財産分与の方針などをアプリに入力し、ネット上で保存しておけるというものです。
利用者にもしものことがあった際や、生前でも利用者の同意があった場合に、アプリを通じて家族と情報を共有できます。
このアプリを使うことで、せっかくエンディングノートを作成したのに家族がその存在を知らなかったり、どこにしまい込んだかわからなくなってしまうことを防ぐことができるんです。
また、同じく来月、合同会社とこしえが、生前に保存した写真や動画を、家族や大切な人に残すことができるアプリ「とこしえ」の提供を始めます。
このアプリの特徴は、ただ写真や動画を残しておけるだけでなく、指定したデータを、決められた日までは閲覧できないように鍵をかけ、指定しておいた日に初めて鍵が解除されデータを見ることができるようにするという機能がついている点です。
この機能を使えば、孫の20歳の誕生日に、あらかじめ撮影しておいた成人のお祝いコメントを送ったり、100年後の未来の子孫へのビデオレターを残しておくこともできるんです。

元気なうちから「死」を意識することに抵抗がある人も居るかもしれませんが、「終活」とは、残される家族に負担をかけず、笑顔で自分を思い出してもらうための、「愛情の先払い」です。いつかは訪れる「その日」のために、改めて「終活」について考えてみるのも大切なことなのかもしれませんね。

今朝は【 終活 】をご紹介しました。

《ツルハ ハッピーライフ 毎日笑顔!》

今週のテーマは、【 オモシロ・真面目友人帳 】です。

今朝は…
・居眠りしながら授業を聴いていた友人が先生に当てられて答えられずにいたので、後ろから間違えた答えをコッソリ教えると、何も疑わずに大声で間違えた答えを発表していた学生時代の友人の話
・ドラマの最終回が見たくて、飲み会も途中で帰ってしまうサークル仲間
・揺れるので眠れないと寝台列車で正座をしていたお母さんの親友。電車だから揺れるのは当たり前と言うと、「そうだったわね、おほほほほ」と笑いながら眠りについた
という想い出ををご紹介しました。

明日も「オモシロ・真面目友人帳」
真面目すぎておもしろいお友達のエピソードお待ちしています!
メール:ohayo@stv.jp、FAX:011-202-7290
『ツルハ ハッピーライフ 毎日笑顔』の係までお寄せ下さい!
STVラジオをradiko.jpで聴く