田村次郎のTAMURADIO

曽我部恵一

2014年4月6日(日)

曽我部恵一

曽我部恵一

【曽我部恵一】

 

自分って何だろうを突き詰めて自分の事をちゃんと歌っているのはかっこいい!生きているという事は表現をし続ける事・・・心のうちを徒然なるままに、出てきた順番にレコーディングし完成したアルバム「まぶしい」を引っさげて、曽我部恵一さんげゲストイン。

 

曽我部さんなりの「ROCK感」も語ってくださり、大変ありがたいお話が満載でした。

 

中でもアルバムの15曲目に収録されている「ハッピー」という曲は、ベース音がない楽曲。ベースがないと、こんなにも不安な気持ちになるんだと改めて思わされたそう。ただ、それですらロックのスリリング感に変え、完成したものではなく、途中を魅せる事で、聞き手の想像力を働かせたり、心を照らしあわせたり出来るもの!と、音楽の魅力を語ってくれました。

 

 

 

【曽我部恵一とは・・・】

サニーデイサービス・曽我部恵一BANDのボーカルも務めるシンガーソングライター。

ソロ名義としては2001年から活動。自ら主宰するインディーズレーベル「ROSE RECORDS」や下北沢にレコードショップ&パスタ屋さんをオープンするなど、多岐に渡って活躍中。

前作「超越的漫画」からわずか4ヶ月、ニューアルバム「まぶしい」を35日に発売

 

 

 

■ 番組 オンエア曲■

1)碧落

 

 

info

CD

2014312日(水)Release

「まぶしい」

 

2014412日(土)Release

「四月E.P.

 

 

TAMU言「子供たち」

理由はいらない。自然にいてくれて良かったと思う。ただそれだけ。

by 曽我部恵一

 

STVラジオをradiko.jpで聴く