工藤じゅんきの十人十色

第50回! “はやし先生の!健康いきいき!”

2019年8月15日(木)

木曜12時台のコーナー!『はやし先生の!健康いきいき!』

どんなコーナー・・・?

このコーナーは、簡単で楽しくタメになる健康のワンポイントアドバイスや実践方法などを紹介するコーナーです!
教えてくださるのは、江別市にあります“はやしハリきゅう整骨院”の院長・林恒博先生!
  • 健康いきいき(1)

第50回は【肩こり、左右のバランス・・・その1 】

旭川市 小林まさひろさん (52)からの質問
いつも健康いきいき楽しく聞いています。
私は肩こりで良くマッサージに行くのですが、
必ず「左が凝っていますね」と言われます。
右利きなので右がこるかと思いきや、左なんです。
右が凝る人、左が凝る人、何が違うんでしょうか?
なんで左右で凝りに差が出るんでしょうか?

まず、どうして肩こりが起こるのか。
そこをお伝えしていきます。
筋肉は骨につながっています。
肩こりを感じる筋肉もそうです。
肩甲骨や腕の骨の上腕骨、背骨そして骨盤というようにいくつもの
筋肉が重なり合って身体を支えています。
そのバランスが崩れてしまって、引っ張られ過ぎてしまうと筋肉は硬くなり、
それを維持しすぎることによって
痛みや凝りのような症状が出てしまうんですね。

小林さんの左右差もバランスが影響していると考えられます。
座っている姿勢になると足を組んでしまって猫背を維持してしまったり、
立っているときは片足に重心をかけて立ち続けてしまったりしている可能性がありますね。

ですので、右利きでも左利きでも凝る場所が関係しているとは一概に言えないんですよね。
その方の筋肉の使い方、仕事環境や生活環境によっても違います。
あとは筋力不足や柔軟性の不足、ケア不足、深いところをいうと
栄養不足が関係していることもあります。
まずは、腕や首、背中の筋肉の柔軟性をあげると良いです。

本日はまず、腕の柔軟性を高めていきましょう。

まずは手首側の腕の柔軟から
手のひらを天井に向けて腕をしっかり伸ばします。
そして指先を下にして反対の手で手前に引きます。
これで10秒です。
次に手の裏を天井に向けて腕をしっかり伸ばします。
指先を下にして反対の手で手前に引きます。
これで10秒です。

次に首よりの腕の柔軟です。
片方の腕をしっかり伸ばしたまま、腕を胸に近づけます。
そして反対の手で伸ばしている肘を掴んで、胸の方に更に引きます。
これで10秒です。
反対も同じように行います。

きょうはここまでで次回は首や背中の筋肉のストレッチをお伝えします。
  • 健康いきいき(2)
  • 健康いきいき(3)

質問募集中!


毎週木曜日に放送“はやし先生の!健康いきいき!”
林先生への質問や相談など、ぜひ番組にお寄せ下さい!

●メール・・・ toiro@stv.jp  
●ファックス・・・ 011-202-7290

林先生がいらっしゃる「はやしハリきゅう整骨院」は江別市にあります。
詳しいホームページもありますので、そちらも御覧ください。

来週もお楽しみに〜〜♪
STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオをラジオクラウドで聴く