工藤じゅんきの十人十色

今週のプレゼント

プレゼントご応募

メールで応募

次のメールアドレスへお送り願います。
toiro@stv.jp

FAXで応募

FAX:011-202—7290 まで!

応募フォームから応募

11月30日(月)〜12月4日(金)は、伊達「中井栄策商店」きんきのいずし

2020年11月30日(月)

伊達市・中井英策商店『きんきのいずし500グラム入り樽』毎日1名様にプレゼント

中井英策商店さんの『きんきのいずし』は
キンキ特有の濃厚な脂分を旨みに変えて、しかもクセがなく食べやすいです。
「いずしが苦手」な方でもパクパク食べられるのが大きな特徴です!
これからクリスマスや年末年始、何かと家族や親しい友人などで
食事をする機会が増えて来ます。
そんな時に、北海道の冬の伝統的な郷土料理の「飯寿司」はいかがでしょうか。
伝統的な発酵食品である「飯寿司」を、脂の乗った高級魚で知られるキンキで作っているのが、
伊達市にある水産加工メーカーの中井英策商店です。
一昔前までは、冬になると各家庭でも独自の漬け込み方で飯寿司を作るお家も多かったほど、
一般的な食べ物でしたが、最近では手作りする家庭も少なくなり、
それに伴って若い方々には余り食べ慣れない人も多くなっているのも現実のようです。

伊達市の中井英策商店では、この飯寿司を主力商品に、
今でも昔ながらの手作り製法にこだわった飯寿司を作り続けている老舗で、
看板商品の『きんきのいずし』は、今年で発売から40年を迎え、
販売開始からの累計総出荷数量が500グラム樽の換算で、
150万樽!を突破するなど、
北海道の冬の味覚の代表格にもなっています。

STVラジオをradiko.jpで聴く