どさんこワイド朝

東神楽町の魅力詰込み 甘いチョコレート完成

2018年12月14日(金)
東神楽町で作られた「米のななつぼし」と「ミルク」が入った板チョコです。
「持ち帰りやすい」お土産を目指し、新しいお土産が誕生しました。
  • チョコ
名前は「Docolat(ドコラ)」。
道内産のショコラ、チョコレートとして名付けられました。
地元産の食材を使い、パッケージにもこだわったチョコレートです。
  • チョコ
パッケージには、地元の小学生が描いた絵が使用されています。
「東神楽町の四季」をテーマに、見た目も鮮やかです。
  • 小学生
このチョコレートは、観光客が気軽に買える
町のお土産を作りたいと考案されました。
  • まちづくり推進課
  • まちづくり推進課
チョコレートにお米という斬新なアイデアに
町内のコメ農家も期待を寄せます。
  • 米農家
チョコレートで使われるコメや牛乳は
こちらの洋菓子店に運ばれ、1つ1つ手作りされます。
  • パティシエ
地元の特産品を十分に生かした東神楽のチョコレート。
来年2月には新たな味の販売も期待しています。
値段は1個500円(税別)で
現在は旭川空港ターミナルでのみの買う事ができます
STVどさんこ動画
YouTubeどさんこワイド朝公式ch
instagram どさんこワイド朝
STVどさんこアプリ