どさんこワイド朝

震災に負けず 厚真名物「煮込みジンギスカン」

2018年12月26日(水)
冷えた体を温めてくれる
厚真町の名物「煮込みジンギスカン」
  • 鍋
この煮込みジンギスカンを開発したのは、創業49年の厚真町唯一の精肉店です。
社長の市原泰成さんが2年前に開発しました。
  • 肉
ニュージーランド産のラム肉を
肉の旨みが最も出る2.7ミリにカットし
  • タレ
酸味と甘みのバランスがよい壮瞥町のリンゴに
道産のタマネギなどを一緒に絞ったタレで煮込みます。
このタレにより、ラム肉の臭みがなくなり肉の旨みが増します。

しかし、今年9月に北海道胆振東部地震が発生。
厚真町は大きな被害を受けました。
  • 震災
市原さんの店も地震による停電と断水の影響で
およそ400キロの肉を廃棄しました。

震災直後、市原さんたちが町を元気づけようと始めたのが
煮込みジンギスカンの炊き出しです。
  • 炊き出し
煮込みジンギスカンは避難していた人の
体と心も温めました。

年末にかけて、復興支援をしたいと、全国から
煮込みジンギスカンの注文が殺到しています。
  • 社長
  • 社長
厚真町名物の「煮込みジンギスカン」
震災にも負けず、多くの人たちの心と体を温めています。
STVどさんこ動画
YouTubeどさんこワイド朝公式ch
instagram どさんこワイド朝
STVどさんこアプリ