どさんこワイド朝

8月5日リサーチ

2019年8月5日(月)

夏休みの宿題は?

毎日コツコツやるのがベストとわかってはいるのですが、
尻に火がついてからでないと机に向かう気がおきない夏休み。
そんな“追い込まれ型”が多いという結果に共感した人も多かったのではないでしょうか。
意外にもその“追い込まれ型”というパーソナリティーの白井一幸さんですが、
「野球選手なので貯めこんでじっくり引きつけてから一気に打つ」
と打撃理論で夏休みの宿題への取り組み方を説明していました。
皆さんからお寄せいただいたご意見をそれぞれいくつかご紹介します。

【毎日コツコツ】
☆詰め込むのが苦手だったので、まず終わりの3日前までに仕上がるように予定表を作り、
 毎日コツコツこなしていました。遊ぶ時間と勉強時間有効に使えましたよ(40代女性)
☆夏休みを満喫したくて宿題が配られてすぐにやっていたので、夏休みのはじめには全て
 終わっていました。ただ満喫しすぎて日記だけ最終日に一生懸命書いていました。(20代女性)

【はじめに(一気に)】
☆自由研究を残してプリント物は一気に終わらせていました。
 残りの時間をかけてじっくり自由研究。
 毎日、星を観察したり、虫を捕まえて調べたりしていました。楽しかったなぁ。(40代女性)
☆最初の4〜5日は一切遊びもせず、宿題、自由研究の工作、読書感想文を終わらせ、
 絵日記と日課表だけを残して遊んでいました。
 今、6年生の息子も夏休み初日に宿題を終わらせています。(50代女性)

【おわりに(まとめて)】
☆宿題はいつも毎日やろうと思っていたのですが、いざ休みに入ると明日やろうと毎日思い
 気が付けば休みは残りわずかに。宿題は3〜4日くらいで仕上げていました。
 たぶん内容は・・(50代男性)
☆夏休み最終日にほぼ全てやっていました。その中に一日一言を書く日記があり、いつどこに
 行ったか家族総出で思い出していました。
 家の中は夏休み最後のお祭りのようになっていました。(30代女性)
  • 結果
STVどさんこ動画
YouTubeどさんこワイド朝公式ch
instagram どさんこワイド朝
STVどさんこアプリ