どさんこワイド179

道内初!シニア向けフィットネスジム

2017年5月9日(火)

道内初!シニア向けフィットネスジム

連休でなまった体を動かしましょう!きょうの中継は、道内初のシニア向けフィットネス「とれりは倶楽部」から、腰痛や膝の痛みに不安をお持ちの方でも安心の“自宅で簡単お手軽運動”をご紹介しました。

とれりは倶楽部

【住所】札幌市手稲区前田5条13丁目 トライアル手稲店2階
【電話番号】070-2003-1028
【営業時間】10:00〜19:00(最終受付)
【定休日】土曜日、日曜日、祝日
●入会金 3240円、月会費 65歳以上 5400円、64歳以下 6480円
  • トレーナー
  • トレーニング
道内初、シニア向けのフィットネスクラブとしてオープンした「とれりは倶楽部」です。名前の“とれりは”は「トレーニング」と「リハビリ」を組み合わせた言葉で、シニアに特化した様々なメニューを平日なら毎日実施しています。

トレーナーの綿谷美佐子(わたやみさこ)さんは、理学療法士・日本体育協会公認トレーナーであり、スキージャンプのレジェンド葛西紀明選手や伊藤有希選手が所属する「土屋ホーム」の専属トレーナーも務めるスゴイ方。日本代表に帯同しオリンピックでの経験もお持ちです。

シニア世代の悩みの種である「腰痛」や「膝の痛み」をお持ちの方でも簡単に出来る運動を教えていただきました(詳細以下)。イスに座っておこなう「腹筋運動」は、テレビを見ながら出来ます。また、シニアのお悩み「尿漏れ対策」にもなるという、下半身やお尻の筋肉を鍛える簡単トレーニングも、腰や膝に負担をかけずにおこなっています。

さらに、有酸素運動と脳を使った課題を組み合わせた「コグニサイズ」という運動メニューも取り入れています。認知症予防に効果が期待され、シニア世代から注目を集めています。

イスに座ったまま出来る簡単「腹筋」

  • 腹筋
    (1)イスに浅く座ります。
    (2)腰を丸め、腕は前に組みます。
    (3)背もたれギリギリまで、ゆっくり上体を前後させます。
通常の床から起き上がる運動だと、頭の重さに負けて体が反り、腰に負担がかかってしまいます。しかし、このイスを使う腹筋運動は、お腹の筋肉を刺激するだけでなく、足も踏ん張るので、下半身の強化も同時にできます。

尿漏れ対策にも!お尻・太もも強化体操!

  • 強化
    (1)床に仰向けに寝そべります。
    (2)両膝を90度に立てます。
    (3)お尻、腰、背中の順番に上げます。10〜20回程度を目安におこないます。
お尻と太ももの筋肉は使いますが、腰やひざには負担をかけずに行えます。自分の体と相談し、無理なく動作をおこないましょう。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ