どさんこワイド179

星澤幸子の産地へGO!!〜平取町のトマト

2017年6月30日(金)

星澤幸子の産地へGO!!〜第3回 平取町のトマト

  • トマト
星澤幸子先生が月に1回、旬の食材を求めて産地に向かい、生産者の皆さんに直接その魅力をお聞きする企画「星澤幸子の産地へGO!!」。今回は平取町を訪れ、生産量道内No.1の「トマト」の魅力をご紹介しました。

糸屋さんのトマト農場

  • トマト
  • トマト
札幌から車で2時間、自然豊かな日高の平取町です。163戸の農家がトマトを栽培し、1万2000トンを超える生産量を誇ります。お邪魔した糸屋翔太さんのハウスでも、これからの時期は収穫作業で大忙しです。朝4時からお昼まで、1日に5000個ものトマトを収穫する日もあるそうです。常温で保存すると“追熟”して赤くなるため、まだ少し青いうちに収穫を進めるそうです。
  • 選果場
  • トマト
町内で収穫されたトマトは全て、同じ選果場に送られ、細かく選別されます。「びらとりトマト」は、なんと21種類もの規格に分類されます。
ここから年間1万2000トン以上の美味しいトマトが各地へと出荷され、その8割以上が本州へと出荷されますが、箱詰め後、一旦冷蔵庫で冷やすんです。トマトの熟し過ぎを防ぐためだそうです。

食育!地元のトマト愛

トマト
平取町の学校給食では7年前から地元のトマトを使ったメニューが登場しています。毎週水曜日は必ずトマトのメニューが出るんです。子どもたちに地域の特産物の美味しさを知ってもらう“食育”の一環です。
さらに、平取高校にはトマトを研究する部活「トマトクラブ」があり、学生の皆さんがトマト料理の研究開発に取り組んでいます。高校生が講師となって小学生にトマト料理を教える取り組みなども行っています。

生そば藤(きそばふじ)

【住所】平取町本町41-13
【電話番号】01457-2-2454
  • そば
    ●ニシパの恋人ランチ 980円
  • トマト
平取町内の飲食店では「ニシパの恋人ランチ」という取り組みも行っています。平取産のトマトや牛肉、豚肉などの地場産品を使ったメニューのことで、メニュー名は同じでも、お店によって出てくる料理が違います。各店、趣向を凝らした内容になっています。
「生そば藤(きそばふじ)」では、珍しい“トマトの天ぷら”がいただけます。星澤先生も初体験の味でしたが「甘くてクセになりそうなお味!」と絶賛でした。

また、「奥様ここでもう一品」のコーナーでご紹介した「トマトすき焼き」の作り方はこちら→http://www.stv.jp/tv/dosanko_eve/cooking/u3f86t0000020lll.html
STVどさんこ動画
どさんこアプリ