どさんこワイド179

GO!GO!平昌〜伊藤有希&勢藤優花選手 生出演!こんやジャンプ男子団体

2018年2月19日(月)

GO!GO!平昌〜伊藤有希&勢藤優花選手 生出演!こんやジャンプ男子団体

本日は、スキージャンプ女子の伊藤有希選手(下川町出身)と勢藤優花選手(上川町出身)がスタジオ生出演!激闘を終えた平昌オリンピックについてお話を伺ったほか、平昌からは最新情報をスキージャンプ解説者・原田雅彦さんと岡崎アナが生中継でお伝えしました。

日の丸飛行隊 いざ出陣!ジャンプ男子団体 照準はメダル

  • GO!GO!平昌
  • GO!GO!平昌
昨日2月18日(日)、スキージャンプ男子団体の公式練習が行われました。原田さんに団体戦のポイントを伺うと「レジェンドを中心にチームワークを!」とのことです。

原田さん: 個人戦の成績は(団体戦に)関係ないです。グループごとのライバル達にどれだけ差をつけられるかなんです。(日本は)追う立場ですから、ライバル達と少しでも差を縮めていけば、ゲームの流れを掴んで、日本に良い神風が吹くと…まぁ、レジェンドですから!
4人が一つになればすごく大きな力になりますから、楽しみですよ!

また、原田さんから、スタジオにいる伊藤選手・勢藤選手へ労いのメッセージもありました。

原田さん: 2人とも平昌オリンピックお疲れ様でした。本当に、我々が感動する戦いぶりでした。2人とも悔いは残るでしょうけど、我々は勇気みたいなものをいただいたと思っています。平昌での活躍を自信に4年後(のオリンピック)、ワールドカップ、ぜひ頑張って欲しいと思います。

スキージャンプ男子団体の試合は、今夜9:30から行われます。

オリンピックの激闘終えて…スキージャンプ女子 伊藤有希&勢藤優花選手 生出演!

  • GO!GO!平昌
  • GO!GO!平昌
2回連続出場の平昌オリンピックで9位の伊藤有希選手と、オリンピック初出場で17位の勢藤優花選手にお話を伺いました。

Q: オリンピックから帰ってきて、どんな言葉をかけてもらいましたか?
伊藤選手: 「お疲れさま」と言う言葉。オリンピック前からも沢山の方にお言葉をいただいてパワーになりました。

Q: 競技後はどんな思いでしたか?
伊藤選手: 平昌の台は、風も荒れて、当たりハズレのある試合になることは分かっていました。「運も実力のうち」という言葉があるくらいなので、私には運を呼び込むだけの実力が無かったと思います。

Q: ジャンプ台の寒さについて
伊藤選手: 寒さの種類が違いましたね。下川町出身なので寒さには自信があったけど、北海道弁の“しばれる”寒さではなくて、風が冷たい寒さだったので、きつかったですね。

Q: 勢藤選手は初めてのオリンピック、どんなことを感じましたか?
勢藤選手: 初めてだったので、どんな成績であっても楽しく飛びたい気持ちがありました。あまり良い成績では無かったですけど、楽しく笑顔で終えて良かったと思います。

Q: 周りの人からどんなメッセージを?
勢藤選手: 良い成績では無かったんですが「感動したよ」「ありがとう」と言葉をいただいて、また4年後オリンピックに出たいなという気持ちが強くなりました。

Q: 高梨沙羅選手のメダルを祝福に行った時は?
伊藤選手: 2本目が飛び終わった時に、自分の心の整理はついてなかったけど、高梨選手が銅メダルを決めた瞬間に一番近くで一緒に喜べたことが嬉しく思います。

勢藤選手: (高梨選手は)小学校の頃からずっと一緒に練習して来て、人一倍頑張っているところをずっと見ていたので、メダルとったときは嬉しかったです。

Q: 今後の意気込みをお願いします。

伊藤選手: オリンピックは終わってしまいましたが、シーズンはまだまだ試合も続きますし、ワールドカップもあるので、次の目標に向かって飛びたいと思います。

勢藤選手: 今シーズン表彰台に立つという目標を立てているので、残り5戦のうちに表彰台に立てるように頑張ります。
  • GO!GO!平昌
スキージャンプ男子団体の応援を控えた下川町と中継を繋ぎ、伊藤有希選手の高校の同級生の皆さんに来ていただきました。お友達から「かっこよかった!」「おつかれさま!」等、労いの言葉を聞いた伊藤選手は、「なかなか直接会えなくて、テレビを通してですが、会えてすごく嬉しいです。」と笑顔で話していました。
YouTube どさんこワイド179公式
STVどさんこアプリ