どさんこワイド179

札幌ビル遺産〜大正13年建設!現存する札幌で最も古いコンクリート造りのビル

2018年11月28日(水)

札幌ビル遺産〜大正13年建設!現存する札幌で最も古いコンクリート造りのビル

本日の中継は、再開発事業が進む札幌の中心部で、昔の面影を残しながら今も変わらない佇まいで愛され続けるビルの魅力を再発見する新企画「札幌ビル遺産」今回は、現存する札幌で最も古いコンクリート造りのビル「三誠ビル」をご紹介しました。

三誠ビル

【住所】札幌市中央区南1条西13丁目
  • 札幌ビル遺産
  • 札幌ビル遺産
市電通り沿いにある「三誠ビル」は、今から94年前の大正13年に建てられた、現存する札幌で最も古いコンクリート造りのビルです。外観は壁の色を塗り直す等の補修がありましたが、佇まいはほぼ当時のままです。ビルは3階建てで、約10の店や事務所が入居しています。

設計に携わったのは、北海道帝国大学(現在の北海道大学)医学部附属医院本館や工学部本館等も設計した建築技師・田中豊太郎さん。三誠ビルでも随所に見られる“モールディング”と呼ばれる帯状のデザインは和洋折衷の大正ロマンを感じさせる技法で、ビルは札幌景観資産にも指定されています。
台所家 まる
【電話番号】011-272-6100
  • 札幌ビル遺産
    ●セットランチ 780円
今年で13年目、ビル1階にある路面店です。お昼には、店主自ら仕入れた食材で作る魚と肉料理、有機野菜を使った「セットランチ」が人気です。
喫茶 つばらつばら
【電話番号】011-272-0023
※12月2日(日)から営業再開
  • 札幌ビル遺産
  • 札幌ビル遺産
    ●喫茶店のナポリタン 700円(単品)
ビル内からお店に入ろうとすると、ドアの先に狭い通路が続き、その先にお店がありました。なぜこのような設計なのか、今では知る人がいないそうです。お店の正面入り口は、電車通りから中小路に入ったところにあります。
「喫茶店のナポリタン 」等、懐かしさを感じるメニューがいただけます。
餃子とジビエ タビビトハンテン.
【電話番号】011-522-9442
  • 札幌ビル遺産
    ●茹で餃子(5ヶ) 486円
今年7月にオープンしたお店です。古さを強調するために、あえて壁はコンクリートむき出しにしたそうです。
あっさりした味わいで何個でも食べられそうな「茹で餃子」をご紹介しました。
トロニカ
【電話番号】011-596-0909
  • 札幌ビル遺産
    ●暮しの手帖 700円 ※1956年(昭和31年)刊行
  • 札幌ビル遺産
    暮しの手帖 中身
ビル2階にある、昭和の古い雑誌を中心に8000冊以上が並ぶ古本店です。
店主・広川啓規さんに、当時は160円で販売されていたという「暮らしの手帖 36号」を見せていただきました。中には“ちぢまないセーター”という企画が掲載。洗うとどれも縮んでしまったと書かれていました。
当時は広告等がない時代だったため、出版社側が自由に企画を考えたり“商品比べ”が可能でした。今では中々できないのではないでしょうか。
川崎写真事務所
【電話番号】080-9327-8212
  • 札幌ビル遺産
  • 札幌ビル遺産
写真家歴35年の川﨑美穂子さんがお一人で営む写真スタジオです。子供やご家族の写真を中心に撮影されています。お店をこちらで開いた理由を伺いました。

川﨑さん: 古い佇まいも良く、窓が大きく天井も高いので撮影時に自然光が良く入ってくるので最高です。

自然光が入ってくる明るい時間帯に、岡崎アナも写真を撮ってもらいました。時間帯によって光の入り方が変わり、写真の雰囲気が変わるのもポイントです。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ