どさんこワイド179

ファイターズの新球場構想、札幌市に新たな動き

2017年2月2日(木)

ファイターズの新球場構想、札幌市に新たな動き

地図
世間で今気になることに鋭く斬り込む企画“キニナル”。今回は、札幌市がファイターズの新球場候補地として検討している「月寒ドーム跡地周辺」についてお伝えしました。



札幌市は、月寒ドームの跡地だけでなく、隣接する「八紘学園」の土地などを合わせて候補地として検討していることがわかりました。ファイターズがボールパークに必要とする「20ヘクタール」という条件をクリアするために候補地を広げたようです。月寒ドーム跡地は、札幌ドームとも近く、最寄駅も「福住駅」と変わりません。駅から札幌ドームは約800m、駅から月寒ドーム跡地までは約950mと、少し遠くなりますが、地下鉄・東西線の「南郷13丁目駅」ももう一つの最寄り駅となるため、アクセスの選択肢は増える印象です。

今回、新たに名前があがった「八紘学園」は、2年制の農業専門学校です。学生たちが管理する広大な庭園は、「花菖蒲園(はなしょうぶえん)」として、一般の方にも開放されています。この他にも実習で利用する牧草地や牛舎、乳製品が売られる直売所もあります。候補地一体の敷地面積は60ヘクタールにのぼりますから、土地の広さの面では申し分ないといえます。

候補地は、札幌市で4ヵ所、北広島で1ヵ所、合計で5ヵ所が検討されています。現段階でファイターズは、札幌市と北広島市の両方と協議を重ね、来年3月までに結論を出したいとしています。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ