どさんこワイド179

キニナル〜プロスポーツの最年長記録

2017年3月27日(月)

キニナル〜プロスポーツの最年長記録

世間で今気になることに鋭く斬り込む“キニナル”。今回は、スキージャンプの葛西紀明選手が、昨日3月26日(日)のワールドカップで最年長表彰台の記録を再び更新したことから、スポーツの最年長記録をテーマにお伝えしました。

プロスポーツの最年長記録

葛西選手は、3月26日(日)にスロベニアで行われた「スキージャンプワールドカップ男子」第26戦で3位に入り、自身が持つワールドカップ個人表彰台最年長記録を44歳9カ月20日に更新しました!

そこで、スキージャンプ以外のプロスポーツの最年長記録をご紹介しました。
 
<野球部門>
山本昌投手(中日ドラゴンズ)
2015年10月7日に、日本プロ野球史上初、50歳で登板しています。
49歳の時には、最年長勝利記録を出しています。

岩本義行選手(東映フライヤーズ)
1957年、45歳でホームランを放ち、最年長ホームラン記録を持っています。

<サッカー部門>
三浦知良選手(横浜FC)
2017年3月12日(日)Jリーグ最年長記録の50歳でゴールを決めています。最年長出場記録も持っています。
ちなみに海外では、ブラジルとロシアで58歳の選手がゴールを決めているようです。

<バスケットボール部門>
折茂武彦選手(レバンガ北海道)
リーグ最年長46歳の選手兼オーナー。昨年11月に日本人初の通算9000得点を達成しています。

<大相撲部門>
北斗龍
函館出身の北斗龍関は46歳。一昨日3月25日(土)の北海道新聞で現役を引退することが報じられました。
現役選手としては、31年と一番キャリアが長い最古参力士です。
3月24日(金)の最後の取り組みで見事勝利し、今場所を「勝ち越し」で有終の美を飾りました。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ