どさんこワイド179

キニナル〜眞子さまの生活も支える?“北海道産の宮内庁御用達”とは

2017年5月17日(水)

キニナル〜眞子さまの生活も支える?“北海道産の宮内庁御用達”とは

世間で今気になることに鋭く斬り込む企画“キニナル”。今回は、眞子さまご婚約のニュースを受けて、皇室に関連した“北海道産の宮内庁御用達”をテーマにお伝えしました。

宮内庁御用達制度

“宮内庁御用達”とは、宮内庁の許可を得て商品を納める業者のことをいいます。

“宮内省御用達制度”は、明治24年、“御用達”と偽る業者が増加してきたため開始されましたが、実は、昭和29年に事実上廃止されており、現在は、宮内庁御用達は存在しないということになっています。
廃止の理由は明確にはされていませんが、御用達の業者と、そうでない業者の格差をなくすためと言われています。
しかし、制度自体は無くなっても、宮内庁に商品を納品している業者は今も存在します。
昭和29年以降、宮内庁に納品している道内の業者を調べました。
馬車の引き道具
2013年、キャロライン・ケネディ前アメリカ駐日大使が信任状捧呈式(しんにんじょうほうていしき)のため皇居へ向かう馬車の引き道具(馬と馬車を繋ぐ道具)は、砂川の馬具メーカー「ソメスサドル」が納品していました。
昆布〆たらこ
【お問合せ】竹丸渋谷水産 0120-87-2434
  • 昆布〆たらこ
白老町虎杖浜の水産業者が、昭和43年、宮内庁に納めるために東京築地市場の業者から依頼されて作ったもの。日高産昆布でたらこを締めています。
めんつゆ
【値段】1L 1836円
【お問合せ】株式会社TKSタングロン 0120-400-780
  • めんつゆ
札幌の食品メーカーが作っためんつゆも納品されていました。
原料の大豆や小麦は、農薬や化学肥料を使わずに栽培されたもの。昆布・カツオ・シイタケの出汁がきいていて、1リットル1836円の高級品です。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ