どさんこワイド179

キニナル〜新たな大型連休“キッズウィーク”

2017年5月22日(月)

キニナル〜新たな大型連休“キッズウィーク”

世間で今気になることに鋭く斬り込む企画“キニナル”。来年4月からの実施が検討されているという、新たな大型連休「キッズウィーク」についてご紹介しました。
  • 表1
「キッズウィーク」とは、政府が創設を計画している新たな大型連休のことです。
札幌市の小学校の夏休みを例にすると、8月1日〜20日の夏休みのうち5日間を短縮し、10月15日〜19日に移行した場合、前後の土日を含めると9連休になります。例として10月を想定していますが、移行する月は全国一斉ではなく各自治体にゆだねられるということです。そのお子さんの連休に合わせて、親も「有給休暇を取得」して欲しいという構想です。

●街角の皆さんに意見をお聞きすると…

「夏休みはどこに行くにも高いので別な月に大型連休があるのは嬉しい。」
「夫婦ともに会社員で子どもだけが休みです、と言われても困る。親が動かないと消費喚起にはつながらない。」
「おもしろい取り組みだとは思うが、地域によってどうするのか、混乱をまねきそう。」
「社内で全員が同じ週に休むのは難しいのでは。」

などの声があり、お子さんと親が一緒に休暇を取れるかが課題になってきそうです。


●有給休暇取得率は半分以下

厚生労働省の調べで、有給休暇取得率は「46.7%」働く日本人の半数以上の人が有給休暇が取れていないことがわかっています。

この対策として、政府では2014年から「休みかた改革」として“ワーク・ライフ・バランスの推進”を促しています。「仕事」と「(趣味などの)生活」のバランスを良くし、地域経済の活性化に繋げたいという方針です。その具体案と言えるのが今回の「キッズウィーク」です。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ