どさんこワイド179

キニナル〜強毒“ヒアリ”国内初確認 死に至る可能性も

2017年6月19日(月)

キニナル〜強毒“ヒアリ”国内初確認 死に至る可能性も

世間で今気になることに鋭く斬り込む“キニナル”。今回は、兵庫県尼崎市と神戸港で確認された、強い毒を持つ“ヒアリ”という蟻についてお伝えしました。
  • キニナル〜強毒“ヒアリ”国内初確認 死に至る可能性も
  • キニナル〜強毒“ヒアリ”国内初確認 死に至る可能性も
“ヒアリ”は南米産の外来生物です。体長2.5mm〜6mmで、赤茶色。強い毒を持ち、刺されると火傷のような激痛、酷い時はアレルギー反応「アナフィラキシーショック」で死亡する危険もあります。

現在ヒアリは、アメリカ、中国、オーストラリア等にも住み着いていると言われ、6月16日(金)は、中国からの貨物船で神戸港に運ばれたコンテナ内部から発見されました。

今は流通も拡大し、色んな国から物が運ばれてくるため、北海道にヒアリが運ばれてくる可能性も大いにあります。ヒアリは日本よりも暖かい場所を好みますが、夏場の北海道なら気温も比較的高めのため、安全とは言い切れません。
 
キニナル〜強毒“ヒアリ”国内初確認 死に至る可能性も
過去に、日本国内に住み着き、北海道に来てしまった危険な外来生物に“セアカゴケグモ”がいます。
2015年6月2日、北見市で発見されたセアカゴケグモは、愛媛県から運ばれてきた中古車のバンパーに、巣を作った状態で見つかりました。
 
ヒアリも何らかの方法で北海道に来てしまう可能性は十分に考えられます。もし見つけた場合は、“触らずに”その土地の管理者や行政に連絡をしてください。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ