どさんこワイド179

キニナル〜シーズン前にラベンダーに異変!

2017年7月5日(水)

キニナル〜シーズン前にラベンダーに異変!

世間で今気になることに鋭く斬り込む“キニナル”。今回は、本格的なシーズンを前に、道内各地で起きている“ラベンダーが枯れる”現象についてお伝えしました。
  • キニナル〜観光シーズンを前にラベンダーに異変!
    滝野すずらん丘陵公園
  • キニナル〜シーズン前にラベンダーに異変!
    幌見峠ラベンダー園
「滝野すずらん丘陵公園(札幌市南区滝野247)」では、ラベンダー5000株のうち、1500株が枯れていました。
公園管理運営士の高橋理さんは「ラベンダーは乾燥したところを好みます。昨年は台風や雨が続いたため根が腐り、それが原因で上の部分が枯れてしまう」と推測しています。

「幌見峠ラベンダー園(札幌市中央区盤渓471)」では、畑全体の5分の1が枯れてしまいました。オーナーの佐藤涼治さんは、こうした異変は去年のうちから感じていたといいます。

佐藤さん「去年はすごくきれいに咲きました。そのあとオイルを蒸溜するのに刈り取ろうと思っていたら花がボロボロ落ちて、ちょっとおかしいなと。去年雨が多かったので、蒸れて枯れたのでは」

少しずつ新しい苗に植え替えていますが、綺麗に咲き揃うまでは2〜3年かかるとのことです。そのため、今年はラベンダー園としての営業は中止することになりました。
 
キニナル〜シーズン前にラベンダーに異変!
昨年の札幌の4月〜10月の降水量の平均値を調べると、6月は2倍以上、8月も台風の影響もあって、かなりの降水量だったことが分かります。さらに、今年の6月も平年を大きく上回っており、来年にも影響が出るかもしれません。
  • キニナル〜シーズン前にラベンダーに異変!
  • キニナル〜シーズン前にラベンダーに異変!
ラベンダーの異変は札幌だけに留まりません。ラベンダーの名所も深刻な状態に陥っています。

「かんのファーム(上富良野町)」でも、畑の6割におよぶラベンダーが枯れてしまいました。枯れた株を掘り起こしてみると、過湿状態で腐っていたそうです。
上富良野町も昨年は雨が多く、8月は平年の2倍以上の降水量を記録しています。

農園の菅野さんは、ラベンダーの苗の生産も行っており、各地から「枯れた株を植え替えたい」と、問い合わせが急増していますが、現在は苗の生産が追い付かない状況だということです。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ