どさんこワイド179

キニナル〜札幌駅周辺 再開発で新たな計画

2017年9月6日(水)

キニナル〜札幌駅周辺 再開発で新たな計画

世間で今気になることに鋭く斬り込む“キニナル”今回は、札幌駅周辺の再開発についてお伝えしました。
  • キニナル〜札幌駅周辺 再開発で新たな計画
北海道新幹線の札幌延伸で、札幌駅は北海道のターミナルとしての役割が更に高まっており、札幌市は、札幌駅周辺の再開発を進めています。そんな中、昨日9月5日(火)、札幌駅北側の「北8西1地区」の再開発計画が変更になったことが明らかになりました。
当初は、50階建ての高層マンション、駐車場、医療・福祉施設を建てる計画でしたが、医療・福祉施設がホテル(14階建て)やオフィス棟に変わることが決まりました。
  • キニナル〜札幌駅周辺 再開発で新たな計画
    現在の「北8西1地区」
  • キニナル〜札幌駅周辺 再開発で新たな計画
    50階建てマンションのイメージ図
現在の「北8西1地区」は、呉服屋さんやコインパーキングのほか、味のある古い建物が建っています。
建設予定の50階建てマンションは高さ180m、周辺のJRタワーや40階建てマンションを越え、札幌市内で最も高層になります。
このエリアは、2018年度着工、2021年度に完成を予定しているそうです。

その他に「札幌駅南口」も変わる計画があります。
現在「エスタ」のある場所には、新幹線のホームと連動したバスターミナルを作り、エスタの東側・現在駐車場の場所にはツインタワーの商業施設を建てる予定です。
北大植物園の北側と、北4条東1丁目にも高層マンションが建つ予定です。
さらに、札幌中心部と高速道路・札幌北ICを結ぶアクセス道路を創成川通りに作る予定もあります。

あと3〜4年もすれば、札幌駅周辺の景色は全く別のものになりそうです。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ