どさんこワイド179

キニナル〜道内各地から続々!黒いキツネ目撃情報

2017年10月17日(火)

キニナル〜道内各地から続々!黒いキツネ目撃情報

世間で今気になることに鋭く斬り込む“キニナル”今回は、道内で目撃情報が増えている「黒いキツネ」についてです。
  • キニナル
先月知床で撮影され、話題となった「黒いキツネ」。今月に入ってからは大樹町、釧路町、そして網走市内で目撃されています。この他にも「テレビで話題になっているキツネだ」ということで、どさんこ投稿BOXに多くの情報をいただきました。
野生動物に詳しい北海道野生研究所の門崎允昭所長は「キツネは毛色が多様で、黒い毛もたまに生まれるが、全身真っ黒は珍しい」と言います。また、知床博物館の村上隆広学芸員は「北海道では大正〜昭和にかけて毛皮を作るために黒いキツネを輸入していた。毛皮の需要が無くなり、黒いキツネが野生化した可能性も考えられる」と話します。
  • キニナル
道内では他にも珍しい色の動物が目撃されています。2012年には西興部村で“白いヒグマ”、そして2002年には網走市で“白いカラス”が目撃されています。専門家によると、遺伝子により色素が抜けて全身が白くなるカラスは稀にいるそうですが、兄弟2羽が揃って白いのは非常に珍しいそうです。

珍しい色の野生動物に出くわしても野生動物には変わりませんので、むやみに近づかないようにしましょう。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ