どさんこワイド179

キニナル〜相次ぐ飲食店の“ドタキャン”

2018年1月10日(水)

キニナル〜相次ぐ飲食店の“ドタキャン”

世間で今気になることに鋭く斬り込む“キニナル”今回は、全国的に急増している「ドタキャン(当日に客が来ない土壇場キャンセル)」や「無断キャンセル」のお店側の対策をご紹介しました。
  • キニナル
  • キニナル
大阪府豊中市にある和食料理店「笹庵」。去年11月、この料理店は 大宴会のドタキャンどころか、無断キャンセルの被害にあいました。
79名の予約を受け、用意した料理の数々を個室の宴会場の机に並べてお客さんを待っていました。1週間前、3日前、前日と、予約を確認したにも関わらず、無断キャンセルでした。電話は当日もその後も繋がっていないと言います。
用意した料理は全て廃棄。予約金額は一人5000円だったため、約40万円の売り上げを失いました。

予約の“ドタキャン”問題を調査しているクレジットカード会社のダイナースクラブによると、飲食業界全体の年間損失額は、なんと2000億円にも上るそうです。
原因のひとつは、インターネットが普及し、気軽に予約ができてしまうため、キャンセルする罪悪感が薄れていることが挙げられています。

その解決に立ち上がったのが、大阪市北区にある焼鳥店です。このお店は、過去に1か月間で100人以上のドタキャンの被害にあいました。苦肉の策としてチケット販売会社に相談し、始めたのがチケットによる予約。1席3000円で販売し、お金を先にいただきます。約束通りお客さんが来店すれば、チケット分の3000円は、会計から差し引く仕組みです。この方法の場合、キャンセルはゼロだそうです。

ドタキャンという深刻な問題を防ぐために次々と登場する新たなサービス。問われているのは、利用者側のモラルです。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ