どさんこワイド179

キニナル〜学校の先生の“働き方改革”

2018年3月16日(金)

キニナル〜学校の先生の“働き方改革”

世間で今気になることに鋭く斬り込む“キニナル”今回は、かねてから長時間労働が指摘されている小中学校の教職員の“働き方改革”がテーマです。
  • キニナル
札幌の啓明中学校と二条小学校では「先生の勤務時間外となる夜間(19:00〜翌朝8:00)は電話対応しない」という取り組みを来週からスタートさせます。これまでは残業などで先生が学校にいる限りは保護者からの電話に対応していましたが、帰宅時間が遅くなる一つの原因だったそうです。これまでの夜間の問合せの中には、翌日の時間割や宿題の内容など、不要不急の内容も多かったようです。

働き方改革のモデルとなる2校では、時間外の場合は音声メッセージにて、札幌市教育委員会ホームページの各種電話相談口を案内する内容が流れます。時間外だからと言って全く連絡がつかないということはありません。

この取り組みを1年前から実施している神奈川県相模原市の場合、緊急時の連絡は市役所の守衛が電話を受け、各学校に連絡するシステムを運用しています。この1年で、教職員からは「(夜間の電話対応をやめて)翌日の準備に費やす時間が確保できるようになった」などの声があり、保護者もシステムに対応し、混乱やクレームなどは無いということです。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ