どさんこワイド179

キニナル〜新入社員に増加中“電話恐怖症”

2018年4月24日(火)

キニナル〜新入社員に増加中“電話恐怖症”

世間で今気になることに鋭く斬り込む“キニナル”今回は、いま新入社員に増えているという「電話恐怖症」についてです。
  • キニナル
「会社にかかってきた電話に出ることができない」「相手の都合を考え過ぎて電話をかけるタイミングがわからない」など“電話恐怖症”の新入社員が今増えているそうです。

日本電信電話ユーザ協会の吉川理恵子さんによると「携帯電話の普及」が要因だと言います。携帯電話で話したい相手に直接電話がかけられるようになり、用件がある相手以外の第3者を介することが無くなったことも要因の1つかもしれません。また「メール・SNSの普及」により、電話をかけなくても用件が伝わることも1つの要因と言えそうです。

日本電信電話ユーザ協会では、電話対応のエキスパートを育てることを目的とした「電話応対技能検定(通称:もしもし検定)」を主催しています。その受験者数は年々増加していて、昨年は1万1177人が受験しました。

あなたはわかる?電話応対の正しいマナー

Q1:取引先からの電話で相手の名前を伺うとき、適切な言い方は?
「○○のお名前を教えてください」
(1)あなた様 (2)お宅様 (3)お客様 (4)そちら様

正解:(3)お客様
「あなた様」→×。上司や先生、目上の人には「あなた」は不適切です。
「お宅様」→×。お宅とは家を示す言葉です。
「そちら様」→△。そちら、こちら等の代名詞を使うことは必ずしも適切ではありませんが、取引先が明らかに「お客様」ではない場合に使うことは可能です。

Q2:商品の取り扱いを尋ねられた時、適切は言い方は?
「○○では取り扱っておりません」
(1)わが社 (2)私ども (3)うち (4)弊社

正解:(2)私ども
「わが社」→×。尊大に聞こえてしまう場合があります。
「うち」→×。雑な印象を与えてしまいます。
「弊社」→×。書き言葉のため電話応対では不適切です。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ