どさんこワイド179

徹底調査!そうめんの美味しい食べ方

2018年7月24日(火)

徹底調査!そうめんの美味しい食べ方

夏と言えば、そうめんの季節。そうめんは、茹でたあと氷水に漬けていますか?ザルに盛っていますか?専門店、メーカー、研究家に、そうめんの美味しい食べ方を伺いました。

そうめんは“ザル盛り”が美味しい!その理由は?

  • そうめんは“ザル盛り”が美味しい!その理由は?
    写真左・氷水に浸けたそうめん、写真右・ザル盛りのそうめん
  • そうめんは“ザル盛り”が美味しい!その理由は?
専門店
岩見沢にある生そうめん専門店「元祖 生そうめん めんめん」(岩見沢市10条西18丁目)さんに伺うと「氷水に浸けるのはありえない!」とのこと。理由は、麺が水分を吸ってだらしなくなってしまうから、ということでした。

メーカー
江別に工場がある「マルナカ」担当者の方によると、冷水でしっかり洗ってぬめりを取り、水を切ってザルに盛るのが良いそうです。氷水に浸けると、麺がのび、コシが無くなります。また、麺についた水気で、つゆも薄まりやすいです。

研究家
そうめんの魅力や美味しく食べるためのコツを広めている“そうめん研究家”ソーメン二郎さんは、「氷水に浸けていると、小麦本来の風味と香りが水に溶けてしまう。ザルに盛るときも、水気をしっかり絞り出した方が良い」とのことでした。

ソーメン二郎さんからは、茹で方の裏ワザも教えていただきました。
  • 鍋に梅干しを1つ入れる。こうすると梅干しに含まれる酸によって、麺のコシが強くなります。梅の味が移る心配はありません。
  • 麺をかき混ぜすぎない。箸でかき混ぜる時に麺の表面が傷つき、小麦の風味が逃げ出してしまうそうです。
  • 差し水はしない。差し水で急激に温度を下げてしまうと、麺の表面が傷ついて風味が損なわれてしまいます。

素朴な疑問も調査!

Q: 冷麦もザル盛りの方がいいのか?
A: 冷麦もそうめんと一緒の理由で、ザル盛りの方が良い。

Q: 冷麦の色つき麺は何のためにあるのか?
A: 「清涼感」を出すため。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ