どさんこワイド179

知っているようで知らない〜果物の正しい保存術

2018年10月2日(火)

知っているようで知らない〜果物の正しい保存術

食欲の秋、おいしい果物もお店に色々と並んでいます。今回は、知っているようで知らない「果物の正しい保存術」をご紹介しました。野菜ソムリエの中でもさらに上級な“野菜ソムリエ プロ”の木田靖代さんにアイデアをお聞きしました。
  • キニナル
  • キニナル
秋の味覚「ブドウ」を例にとってご紹介しました。
●ブドウの表面の白っぽい部分は「ブルーム」と言い、ブドウが自分の身を守るために発生する成分なので、洗わずに「常温保存」しましょう。
●購入時に入っているパックや袋のままではなく、新聞紙で包み直して保存すると尚良し。乾燥や傷みを防ぎます。
●冷やす場合は、食べる1〜2時間前に冷蔵庫の「野菜室」に入れましょう。
●そして食べる直前にサッと洗っていただきます。

その他「りんご」と「梨」も同じ保存法でOKです。さらに「モモ」と「柿」は新聞紙にも包まず、そのままの状態で常温保存がベスト。2〜3日以内に食べましょう。

あたたかい日差しを浴びて育った果物は実は冷たさに弱いんです。正しい保存術で是非最後まで美味しくいただきましょう。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ