どさんこワイド179

やわらかツブとトマトのガーリックステーキ

2019年7月17日(水)

やわらかツブとトマトのガーリックステーキ

  • 魚!ギョ!ぎょ!レシピ
北海道の旬な魚を使って、さかなクンなら思わず「ギョ!ギョ!ギョ!」と叫んでしまいそうなアイデアレシピをご紹介するコーナー「魚!ギョ!ぎょ!レシピ」。今日の食材は「ツブ」です。
札幌市役所の地下食堂メニューを企画・監修している管理栄養士で料理人の中居香織さんに「やわらかツブとトマトのガーリックステーキ」を教えていただきました。

材料(2人分)

  • 材料
ツブ50g、トマト中1個、おろしニンニク小さじ1/2、バター10g、片栗粉・オリーブオイル適量・小ネギ(小口切り)各適量、黒コショウ少々、ポン酢適量

つくりかた

(1)ツブの表面に切り込みをいれます。トマトはヘタをとって厚さ2cmの輪切りを2つ作り、残ったヘタの周りとお尻部分は角切りにします。
(2)輪切りのトマトに片栗粉をまぶし、フライパンにオリーブオイルをしいて中火でこんがりするまで4〜5分焼きます。片面がこんがり焼けたら、ひっくり返して両面焼きます。
(3)ツブの表面に軽く片栗粉をまぶします。弱火にしたフライパンの空いた部分に、バターとおろしニンニクを入れ、ツブを加えて弱火でサッと火を入れます。ツブは焼けたらトマトの上に置いておくと火が通り過ぎるのを防ぐことができます。
(4)角切りにしたトマトとぽん酢を1:1の割合で合わせ、電子レンジで20秒加熱します。
(5)トマトとツブを皿に盛り、小ネギと黒コショウ、トマトポン酢をかけて完成です。トマトを崩して和えながらいただきます。

できあがりとポイント

  • できあがり
●火を通す前につぶの表面に切り込みをいれることで、固くなりずらく、食べやすくなります。
●つぶはサッと火を通す程度にすることで、柔らかいままいただけます。
●ツブに片栗粉をまぶすことで、水分や旨みが逃げるのを防ぐことができます。

アレンジレシピ「ツブとトマトのひんやりそうめん」

  • アレンジレシピ
<材料(1人分)>
そうめん1束、ツブとトマトのガーリックステーキ1個、大葉2枚、ミョウガ適量、小ネギ(小口切り)適量、レモン1切れ、めんつゆ適量

<つくりかた>
(1)「ツブとトマトのガーリックステーキ」を水気を切った素麺にのせ、大葉やミョウガ等の薬味の千切りや小ネギを添えます。
(2)めんつゆをかけ、レモンを絞っていただきます。

キッチンうふ

【住所】札幌市中央区南3条西8丁目7 大洋ビル2階

今回教えていただいた中居さんのお店です。金曜日・土曜日・日曜日・祝日限定で営業しています。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ