どさんこワイド179

空前のブーム!乳酸菌をフカボリ調査!

2022年7月14日(木)

空前のブーム!乳酸菌をフカボリ調査!

いま「ヤクルト1000」が全国的に空前の大ヒットを記録しています。そこで今回は話題の乳酸菌について徹底フカボリ!知っているようで知らない乳酸菌について分かりやすく解説しました。

「STVどさんこ動画+」で本編を視聴できます
  • 特集
  • 特集
「ヤクルト1000」を飲むとよく眠れる、睡眠の質が上がると今話題です。

その秘密はヤクルトに入っている“乳酸菌シロタ株”。ヤクルト史上最高密度、容器1本あたり1000億個の乳酸菌が入っています。なので「ヤクルト1000」という商品名となっています。
  • 特集
  • 特集
  • 特集
なぜ睡眠の質が上がるのか。腸は脳との間にある迷走神経を通じて、お互いの情報を交換し合っています。“乳酸菌シロタ株”が腸から迷走神経を通り緩やかに脳に作用することで、一時的な精神ストレスを和らげ睡眠の質を高める機能があると言われています。

スーパーにも様々な乳酸菌の名前が付いた商品が売られています。黄色いパッケージが目印のヨーグルトには、食後の尿酸値の上昇を抑制することが報告されている“PA-3乳酸菌”が含まれています。痛風を引き起こす原因のプリン体を分解・吸収してくれる珍しい乳酸菌です。
  • 特集
    ●明治プロビオヨーグルトPA-3 ドリンクタイプ 143円
    ●明治プロビオヨーグルトPA-3 143円
  • 特集
人間の腸には1000種類以上、約60兆個に及ぶ腸内細菌がいて、乳酸菌はそのグループの一つ。いわゆる善玉菌と言われる身体に良い菌です。現在、発見されて名前が付いている腸内細菌は全体の1パーセント!乳酸菌だけでも400種類以上あると言われています。

「乳酸菌HOKKAIDO株」は北海道とゆかりのある乳酸菌。道内の農家の漬物から発見されました。現在、ヨーグルトなど製品化もされていて、腸内環境を整える機能が報告されています。
  • 特集
  • 特集
    ●よつ葉 北海道十勝生乳100プレーンヨーグルトとろっとなめらか 302円
  • 特集
酪農学園大学へ向かい、乳酸菌を20年以上研究されている石井智美教授にお話を伺いました。“生きて腸まで届ける”というワードを広告などで耳にしますが、実はすごいこと。乳酸菌は酸に弱いものが多く、腸にいきつくまでに胃酸や胆汁で菌が減ってしまいます。なので腸まで届く乳酸菌は限られています。

続いては、今話題のヤクルト1000について、素朴な疑問を伺いました。一般的なヤクルトには200億個の乳酸菌シロタ株が入っていますが、乳酸菌シロタ株計1000億個になるよう5本飲めば、ヤクルト1000と同じく睡眠の質は上がるのでしょうか?
  • 特集
石井教授:一気に倍量飲むと糖量が増えます。さらに3〜4倍の菌液を飲むと、腸の刺激が違います。

ヤクルトの担当者にも伺うと、睡眠の質向上には乳酸菌が高密度に入っているのかが重要だといい、1mlあたりに10億個の乳酸菌シロタ株をぎゅっと詰め込んでいるので、ヤクルト1000を飲んだ方が睡眠の質向上に繋がるということです。
  • 特集
  • 特集
    ●乳酸菌ヘルべヨーグルト ドリンクタイプ 129円
    ●乳酸菌ヘルべヨーグルト 129円
ここ最近は様々な機能に特化したヨーグルトが登場しています。そこで目的別の乳酸菌をご紹介しました。鼻や目の不快感にお悩みの方には“乳酸菌ヘルべヨーグルト”がオススメです。

続いては、聞き覚えのある“プラズマ乳酸菌”について解説しました。
  • 特集
  • 特集
悪い菌から守るための免疫細胞が体内にいますが、免疫細胞の働きを管理する免疫の司令塔や、中にはサボり気味な免疫細胞もいます。一般的な乳酸菌の場合、直接免疫細胞に働きかけますが、“プラズマ乳酸菌”の場合は司令塔に直接働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

この“プラズマ乳酸菌”が入っているのが、「iMUSE」という免疫ケアの機能を持った商品です。免疫ケアもしつつ水分補給が出来るので、夏バテ予防にもオススメです。
  • 特集
  • 特集
ヨーグルトは朝食べるのと夜食べるのでは、効果が若干変わります。朝は身体を目覚めさせる効果、夜は睡眠前に食べると安眠効果があるということです。

肌のうるおいをサポートする乳酸菌“ラブレ菌”も注目です。この乳酸菌は1993年に発見され、植物性由来なのでカロリーも一般的な乳酸菌飲料より少なめ、肌の潤いを守るのを助ける効果が報告されています。
  • 特集
  • 特集
    ●ラブレダブル 180円
STVどさんこアプリ