どさんこワイド179

ときめき野菜通信〜好き?嫌い?パクチーの魅力

2016年1月23日(土)

ときめき野菜通信〜好き?嫌い?パクチーの魅力

本日の特集は、いま注目を集めている香味野菜“パクチー”の魅力や、パクチーを使った美味しい料理が食べられるお店をご紹介しました。 

個性派野菜・パクチー

パクチー
パクチーはハーブの一種で、英語でコリアンダー、中国名は香草(シャンツァイ)といいます。
昨年、食をテーマに調査・研究をしている「ぐるなび総研」が、その年を代表する料理「今年の一皿」に、パクチー料理を決定。パクチーが料理の主役にも使われるようになり、国内生産も増えたこと等が決め手になりました。
その人気は、パクチーを愛する人たちを意味する“パクチスト”という言葉が生まれるほど。しかし、独特の強い香りと味から、好きな人と苦手な人がはっきり分かれるのも特徴です。 

パクチーの魅力

札幌市内でハーブの料理教室を主催する、ハーブスペシャリスト・大澄かほるさんに伺うと、パクチーが好きな人と嫌いな人に分かれることこそが、パクチーの魅力だそうです。
「私はパクチー好き」「私は嫌い」というやりとりが、一つのコミュニケーションになるのが面白いと言います。
また、パクチーはビタミン類が豊富なほか、独特の香り成分が腸の繊毛に入り込んでいる毒素を排出する働きを持つと言われ、デトックス効果を期待して食べる人もいるとのこと。

夢想農園

夢想農園
十勝・士幌町の「夢想農園」では、1年を通してパクチーを栽培しています。最初は少しだけの栽培でしたが、ここ2〜3年で需要が増えて、現在はハウス2つ分栽培しています。
生産者の堀田さんは、「冬の方が、十勝のパクチーは美味しい」と言います。
自慢のパクチーはみずみずしく人気があり、札幌にある「フーズバラエティすぎはら」や、「丸井今井札幌本店」地下野菜売場(出荷状況による)、30カ所の飲食店などに出荷されています。 

AGO・HIGE アゴヒゲ

【住所】札幌市北区北8条西4丁目
【電話番号】011-709-2000
【営業時間】ランチ11:30〜14:00、ディナー17:30〜24:00
【定休日】日曜日・祝日

パクチーのかき揚げ 800円
●パクチーのかき揚げ 800円
「夢想農園」のパクチーをいただける、タイ・ベトナム料理店です。初心者にもパクチストにも人気のメニューを2品ご紹介しました。
「パクチーのかき揚げ」は、パクチーの葉だけではなく、揚げるとイモの香り・食感・味になるというパクチーの根も使った、パクチーを丸ごといただける一品です。
「パクチーとグレープフルーツのサラダ」は、グレープフルーツの甘味と酸味と一緒に食べることで、パクチーが苦手な方でも食べやすくなるそうです。 

●パクチーとグレープフルーツのサラダ 700円
STVどさんこ動画
どさんこアプリ