どさんこワイド179

車いすのラガーマン〜20歳の青年 パラリンピックへの挑戦

2017年1月27日(金)

車いすのラガーマン〜20歳の青年 パラリンピックへの挑戦

手足の筋肉が失われる難病を抱えながら「ウィルチェアラグビー」で2020年の東京パラリンピック出場を目指す和知拓海さん。STVでは1年余りに渡って取材してきました。

20歳の挑戦・和知拓海選手

  • 和知選手
和知拓海選手が取り組む「ウィルチェアラグビー」は、車イス競技の中で最も激しいと言われている競技です。シャルコー・マリー・トゥース病という手足の筋肉が失われる難病を抱えながら、過酷なトレーニングを積み、和知選手は日本代表を目指しています。「死ぬまで付き合う病気だから、ネガティブにではなくポジティブに捉え、明るく生活していこうと思っている」と話します。

和知選手は、札幌のウィルチェアーラグビーチーム「北海道ビッグディッパーズ」に所属しています。チームには、和知選手と同じ難病を抱えた憧れの存在、池崎大輔選手がいます。ロンドンパラリンピックに出場し、日本のレベルを世界の強豪国と争うまでに押し上げたエースです。
池崎選手は和知選手について「世界で戦うって簡単なことではないけど。次の世代は拓海だと思っている。」と大きな期待を寄せています。

1年前に取材をおこなったSHOKICHIさんは「また少し大人になって、でも変わらずに夢を追いかける姿を見ると、心から応援したくなります」と話します。


どさんこドキュメント「車いすのラガーマン」〜僕が夢を追う理由〜
【放送】1月29日(日) 16:25〜

STVでは、和知選手の姿を1年余り追いかけてきました。そこから、パラリンピックを目指す姿はもちろん、家族の絆を垣間見ことができました。そして様々な人たちの期待を背負い、日本一を決める大会にも挑みました。「どさんこドキュメント「車いすのラガーマン」〜僕が夢を追う理由〜」を是非、ご覧ください。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ