どさんこワイド179

達人が教える!レトルトカレーの世界

2017年2月10日(金)

達人が教える!レトルトカレーの世界

  • 井上さん
  • カレーたち
今や3000種類もあると言われる「レトルトカレー」。オススメのご当地モノや、美味しくなる食べ方など、奥深き“レトルトカレーの世界”をご紹介しました。
これまでに4000種類以上食べたという“レトルトカレーの達人”井上岳久さん。カレーの新メニューの開発やお店をプロデュースする「カレー総合研究所」という会社の所長で、カレーを徹底的に勉強する「カレー大学」を設立しました。

レトルトカレーの達人が選んだベスト10!

松阪牛ビーフカレー
●松阪牛ビーフカレー 1080円
井上さんが所長を務める「カレー総合研究所」の皆さんが日本全国から選び抜いた「レトルトカレー ベスト10」をご紹介しました。5年以上販売している商品であることを条件に選んだ1000種からランキング化しています。
第2位の「松阪牛ビーフカレー」は、明治33年創業、愛知県の杉本食肉産業が作るカレーです。契約農家が育てた松坂牛を使用、大きめにカットされたお肉がゴロゴロと入っています。

広島名産かきカレー
●レインボー食品 「広島名産かきカレー」 540円
第1位は「広島名産かきカレー」です。広島県のレインボー食品は、カキの缶詰や炊き込みご飯の素など、色々な加工食品を製造販売する会社です。大きなカキが4つも入っていて、カレーのスパイシーさに負けない、カキのコクと旨みがしっかりと感じられる一品です。

2月12日は「レトルトカレーの日」

ボンカレー
あさって2月12日は「レトルトカレーの日」ってご存知ですか?
1968年2月12日、世界初のレトルトカレー「ボンカレー(大塚食品)」が発売された日なんです。お湯で温めるだけで食べられることから、当時としては革命的な商品でした。笑福亭仁鶴さん出演のCMの「大五郎3分間まつのだぞ」というキャッチコピーも流行し、1973年、ボンカレーは、年間販売数量1億食を達成しました。

達人が伝授!おいしく食べる裏ワザ!

  • 裏ワザ
  • 裏ワザ
“裏ワザ”と言っても、何かスパイスを加えたりするわけではありません。通常通りに温めたレトルトカレーを、振るだけなんです!井上さんはこれを「100回振り運動法」と呼んでいて、検証を重ねた結果、100回くらいが最適だと言います。レトルトカレーは保存の期間に、中に入っている調味料などと油は分離してしまいます。温めただけでは分離したままなので、振ることで、油が撹拌され、舌触りもなめらかになります。

STVどさんこ動画
どさんこアプリ