どさんこワイド179

どさんこ偉人伝・第2弾〜洋二が再会!バトン界の世界女王

2017年10月26日(木)

どさんこ偉人伝・第2弾〜洋二が再会!バトン界の世界女王

ある分野をとことん突き詰めた道産子を“偉人”として表彰する新コーナー「どさんこ偉人伝」。今回は、バトン界で世界女王となった千歳市在住の渡辺由香理さんをご紹介しました。

“バトン界の世界女王”渡辺由香理さん

  • 特集
  • 特集
バトンを使った演技を競う「バトントワリング」の世界女王・渡辺由香理さんです。今年、3度目の世界一という、史上初の快挙を成し遂げました。

実は、どさんこワイドと渡辺さんが出会ったのは10年前の2007年のことです。この年、渡辺さんはファイターズの優勝パレードに招待され、その先頭で1kmのコースを歩き、バトンの技を披露しました。
2013年の大学生時代には、日曜夕方の番組「1×8いこうよ!」に出演。各々の特技を競う「無差別オーディション」で見事優勝を果たしました。
  • 特集
  • 特集
そして2017年、二人は4年ぶりに再会しました。バトンを3本使う「スリーバトン」という種目で、高校1年生でジュニア部門、3年生の時にはシニア部門で優勝、そして今年もっとも年齢が高いアダルト部門でも世界一に!一人で3部門制覇は史上初の快挙です。
  • 特集
  • 特集
25歳になった渡辺さんは、社会人となっても、競技中心の生活を続けてきました。

渡辺さん:1位になったのは8年ぶりくらいで、その間は目が出ない状態が続いて「もうダメかも」と思っていました。
木村アナ:やめようと思ったことはありますか?
渡辺さん:ありました。でも諦めきれなかったです。ジュニア部門、シニア部門の両方で1位を獲り、アダルト部門でも1位を獲れたら、そこで初めて(これまでやってきたことが)意味を成すと思ってきました。

木村アナ:失礼な言い方ですけど、世界一になったんだからもういいじゃないですか。まだ目標があるの?
渡辺さん:そうですね。選手としての目標もありますが、もっと多くの方にバトンを知ってもらいたいという大きな目標ができました。

渡辺さんは、競技としてではなく健康などを目的とした「バトン教室」を開き、バトンの魅力を幅広い世代の方に伝えています。

10年前に出会った一人の女子高生は、立派な志を持った素敵な女性になっていました。

◆渡辺由香理さんのバトンレッスン
【実施】Zip琴似 (札幌市西区新琴似1条4丁目) 011-615-1212
STVどさんこ動画
どさんこアプリ