どさんこワイド179

新企画「世界で発見!どさんこスマイル」タイ編

2018年6月29日(金)

新企画「世界で発見!どさんこスマイル」〜タイ編

夢を追いかけて北海道を飛び出し、世界で活躍するどさんこの笑顔に出会う新企画「世界で発見!どさんこスマイル」。第1回は、南国・タイで道産牛の美味しさを伝える1人の女性に会いに行きました。

タイの首都バンコクへ!

  • 特集
  • 特集
神谷アナウンサーがやってきたのはタイの首都・バンコク。気温30度を越え、街を歩くだけでも汗が噴き出るような暑さです。今回は、5万人以上の日本人が住むバンコクで、1人の女性を探します。ヒントは「道産牛のお店を経営している鹿追町出身の“カワイさん”」です。現地の方に、お店の名前や場所について聞いてみても、なかなか知っている方は見つかりませんでしたが、北海道コンサドーレ札幌で活躍するチャナティップ選手(タイ出身)のことや、札幌を旅行したことがあるというタイ人の方に出会うことができました。

日本食レストランが集まるエリアへ!

  • 特集
  • 特集
  • 特集
  • 特集
どうやらカワイさんのお店は「(はじめに聞いた)カオサン通りの周辺ではない」ということがわかり、神谷さんはトゥクトゥクに乗って移動。やってきたのは地元客でにぎわう「タリンチャン水上マーケット」です。米の麺を揚げた料理「ミーグロップ」などが、船の上で豪快に調理されていました。
そして、そば屋さんやお好み焼き店など日本食レストランが立ち並ぶエリアを発見。何か情報が得られそうだと「北海道レストラン 原始焼」を訪ねました。料理長・山口桂さんは札幌出身で、“どさんこワイド”という響きが懐かしい、と話してくれました。
続いて、北海道が誇るニッカウィスキーの専門店「ニッカバー 余市」にも立ち寄りました。なんとこちらの店長・柴田直人さんも札幌出身。「札幌駅前で撮影するどさんこワイドのカメラに映ったことあります!」と教えてくれました。そしてここで有力情報をゲット!ちょうど取材の次の日に、タイ在住の日本人が集まる“北海道人会”が開催されるというのです。タイ式マッサージで疲労回復した後、さっそく訪ねてみることに…。

第2の故郷タイで絆深める“北海道人会”

  • 特集
  • 特集
  • 特集
  • 特集
タイ在住の北海道出身者からなる「北海道人会」はメンバーが約200名。北海道ならではのジンギスカンを食べながら、故郷も年齢も違うどさんこ達がタイで絆を深め合っていました。単身赴任でタイに来ている方も多く「北海道に帰って家のご飯が食べたい」と思うこともあるそうで、「北海道人会がなかったらすぐ帰りたいと思ったかも」と話す方もいました。
そしてここでついに、今回の旅の目的“カワイさん”のお店の情報も聞くことができ、お店の名前は「ペコ」だということがわかりました。

道産牛の美味しさをタイで伝える・川合万理子さん

  • 特集
  • 特集
  • 特集
  • 特集
3日目、ついにタイにある道産牛のお店「ペコ」に辿り着きました。その店長さんが鹿追町出身の川合万理子さんです。実は万理子さんは鹿追町にある「おおひら牧場」の娘さん。18歳でタイに語学留学し、タイ人のタムさんと結婚後、北海道で父が生産するこだわりの牛肉をタイで広めようと、夫婦でお店を始めました。ステーキやハンバーグ、ビーフシチューなど、お肉の美味しさが伝わる一品は、海外の方にも好評です。
万理子さんが1つの宝物を見せてくれました。それはお母さんが鹿追町から送ってくれる「絵葉書」。何度も読み返して、心の支えにしていると言います。そして今回、万理子さんの母・喜美子さんから手紙をお預かりしました。そこには「この世に生まれて来てくれてありがとう。あなたとの出会いに感謝です。」と綴られていました。万理子さんはお母さんの優しさに触れて「私もこういう人になりたい」と話してくれました。
PEKO Hokkaido Kitchen
【場所】バンコク市 5/15スクンビット49 (トンロー駅より徒歩5分)
STVどさんこ動画
どさんこアプリ