どさんこワイド179

プロが教える!低予算で部屋を温かくする裏ワザ

2018年11月29日(木)

プロが教える!低予算で部屋を温かくする裏ワザ

きょうの特集は、札幌を中心に活躍する“住まいのプロ”インテリアコーディネーターの墨谷展子(すみやのぶこ)さんに、暖房費が節約できるコーディネートを教えていただきました。
  • 特集
  • 特集
    ●クッションマット(2枚入) 108円
今回お邪魔したのは札幌市北区にお住まいの板本さんのお宅です。8年前に購入したオール電化のおウチですが「フローリングの床が冷たい」「窓からの冷気が気になる」というお悩みがありました。
まずはフローリングを手軽に暖かくする方法をご紹介しました。インテリアコーディネーターの墨谷さんがオススメするのは、100円ショップで手に入る「クッションマット」。2色で市松模様のように組み合わせると部屋の雰囲気も明るくなります。今回は合計1400円で、家族が集まるダイニングテーブルの下に敷き詰めることができました。
  • 特集
    ●アルミシート 108円
  • 特集
    ●窓ガラス断熱シート 537円
続いても100円ショップで買える「アルミレジャーシート」が登場。これを絨毯の下に敷くと、床下からの冷気を遮断し、室内の温度を保温してくれます。

次は窓際の暖房対策についてです。ホームセンターに行くと色々な種類の「断熱シート」が販売されていますが、墨谷さんのオススメは、梱包用の緩衝材“プチプチ”の特性を活かした断熱シートです。一枚のビニールを貼るタイプよりも、ビニールとビニールの間に空気の層があるので、より暖かくなるそうです。
貼り方はとても簡単。シートを窓のサイズにカットし、窓に霧吹きをかけてシートを貼り付けるだけ。かかった時間は10分ほどです。(注意:網入りガラスは太陽光の熱を吸収しやすく、熱をもった鉄製のワイヤーでガラスが割れる可能性があるので、断熱シートを貼ることはできません)
  • 特集
  • 特集
    (Before)
  • 特集
    (After)
カーテンを厚手のものに変えて、カーテンを2重にするのも暖房対策の一つですが「死角はカーテンの端!」と墨谷さんは言います。外側のカーテンの端のフックを1つ残して、内側のレールに付けることで窓を包み込むようにすることができます。これはすぐに取り入れられる裏ワザではないでしょうか。

そしてカラーコーディネターの資格を持つ墨谷さんは「見た目から暖かくすることも大事」と教えてくれました。厚手のカーテンを付け、青色のソファに暖色系のカバーをかけ、ふわふわ素材のクッションを置くことで部屋の雰囲気はがらりと変わりました。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ