どさんこワイド179

増税で再注目!冷凍食品最前線

2019年10月18日(金)

増税で再注目!冷凍食品最前線

  • 特集
10月18日は冷凍食品の日ということで、日本冷凍食品協会広報部長・三浦佳子さんをお招きして冷凍食品について伺いました。三浦さんはテレビやラジオに多数出演し、日本各地で冷凍食品の講演会も行っている冷凍食品のスペシャリストです。

人気の冷凍食品は?

  • 特集
    ●味の素冷凍食品「ギョーザ」235円(番組調べ)
増税の影響で外食を控え自宅で料理をする傾向にある今、気軽に一品足せる冷凍食品が注目されています。冷凍食品の総数は5000種以上、この秋だけでも150種ほどの新商品が出ています。中でも一番人気の冷凍食品は「ギョーザ」です。水と油を使わずに簡単に羽付きのギョーザを作れると人気を集めています。その他、北海道では枝豆や唐揚げが人気でした。

冷凍食品の最新キーワード

冷凍食品業界の新たなキーワードは“贅沢”です。今までの冷凍食品のイメージを覆す贅沢な冷凍商品が次々と誕生し、いま話題となっています。その中でも三浦さんが特に注目しているのがニチレイフーズの「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」です。イタリア産の「白トリュフ」や高級きのこ「ポルチーニ」を使用し、まるで高級レストランのような本格的な味に仕上がっています。もう一つ注目しているのは明治の「満足丼 濃厚オムライス」です。特殊な製法によってまるで専門店のようなふわとろの卵を実現しています。
  • 特集
    ●ニチレイフーズ「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」354円(番組調べ)
  • 特集
    ●明治「満足丼 濃厚オムライス」430円(番組調べ)

知って得する冷凍豆知識

  • 特集
電気代を節約できる冷凍庫の使い方を教えていただきました。節電の為には冷凍庫の中に凍ったものを9割入れるといいそうです。冷蔵庫は隙間がある方がいいのですが、冷凍庫は凍った食品がお互いを冷やし合うため多く入れると電気代の節約になります。常にマイナス18度以下を保つのがポイントです。

冷凍食品のアイデア料理

三浦さんに冷凍食品を使ったアイデア料理を教えていただきました。
から揚げの親子丼
<材料(2人分)>
  • 特集
冷凍から揚げ6個、めんつゆ(ストレートタイプ)50cc、水150cc、玉ねぎ1/2個、卵3個、冷凍枝豆適量、ご飯400g

<つくりかた>
(1)一口大にから揚げを切ります。
(2)フライパンに水とめんつゆを入れて火にかけます。
(3)煮立ったつゆに刻んだ玉ねぎとから揚げを入れて3分程煮込み、卵を入れてとじます。
(4)最後に枝豆をあしらって完成です。
  • 特集
洋風ちらし寿司
<材料(2人分)>
  • 特集
冷凍ハンバーグ6個、冷凍ミックスベジタブル100g、めんつゆ小さじ2、卵2個、酢飯400g、白ごま小さじ1

<つくりかた>
(1)表示通りに解凍したハンバーグを一ロ大に切ります。
(2)凍ったままのミックスベジタブルにめんつゆを加え、電子レンジで加熱します。
(3)酢飯にハンバーグ、ミックスベジタブル、炒り卵をのせ、最後に白ごまをふったら完成です。
  • 特集