どさんこワイド179

ときめき野菜通信〜冬はやっぱり、しょうが特集

2019年11月27日(水)

ときめき野菜通信〜冬はやっぱり、しょうが特集

  • 特集
今日の特集は、しょうが産地の様子や新商品、おすすめ料理など、しょうが尽くしでお送りしました。

しょうがの産地

  • 特集
しょうがは高知県産のものが多く、全国一の生産量を誇ります。10月から11月にかけて収穫され、年間1万5千トン以上出荷されます。収穫したしょうがはすぐに低温倉庫に運ばれます。最初は白っぽく、2〜3か月すると皮が飴色に変り、香りや辛味も強くなっていきます。
  • 特集
  • 特集

しょうがの効能

日本では昔から生薬として重宝されてきたしょうが。どんな効能があるのか、ナマと加熱して食べるのではどう違いがあるのか、札幌保健医療大学・荒川義人教授に教えていただきました。
荒川教授:しょうがの成分は、ナマの状態だとジンゲロールという成分が豊富に含まれ、食べる事によって一気に身体を温め、悪い雑菌から身体を守る効果も期待できますね。一方で、このジンゲロールは加熱したり乾燥するとショーガオールという成分に変わります。ショーガオールに変わると一気に熱を作り出す働きはなく、血液の循環を良くしてジワジワと身体を温めてくれることがわかっています。冬を迎える時にしょうがを上手に使うことはとてもいいことだと思います。
  • 特集

しょうが商品

市販のしょうが商品をご紹介しました。今年新発売の鍋つゆの素や、永谷園の「冷え知らず」さんシリーズからは「生姜麻辣カップスープ」が新しく登場しています。北海道産のしょうがで作った「しょうがシロップ」と「ジンジャーエール」もご紹介しました。
  • 特集
    ●「冷え知らず」さんの生姜麻辣カップスープ 160円(税別)
    ※コンビニなどで販売
  • 特集
    ●北海道しょうがシロップ ハニー980円(税別)、マイルド900円(税別)
    ※ノースファームストック直営店舗等で販売
●岩下の新生姜鍋スープ 400円(税別) ※道内主要スーパーなどで販売

しょうがとお料理 こがね

【住所】札幌市北区北8条西4丁目16
【電話番号】011-709-2000
【営業時間】11:30〜14:00(ラストオーダー13:30)、17:30〜22:00(ラストオーダー21:30)
【定休日】日曜日
  • 特集
札幌駅北口の近くに2年前にオープンしたお店です。昼は「しょうがラーメン」をメインとしたラーメン店、夜は居酒屋として営業しています。きざんだガリが入った「ポテトサラダ」や「牛もつのしょうが煮込み」など、様々なしょうが料理をいただけます。
  • 特集
    ●スパイシーしょうが味噌ラーメン 850円(昼は税込み、夜は税別)
  • 特集
    ●しょうがポテトサラダ 550円
  • 特集
    ●牛もつのしょうが煮こみ バゲット付き 880円
●鮮魚とガリのカルパッチョ 1100円
●自家製生しょうがサワー 495円
●しょうが鍋 1人前2200円(2名様より)
ガリのしょうゆ漬け
  • 特集
家庭で作るおすすめの一品を教えて下さいました。
ガリを使うことでしょうがを薄く切る面倒がいらない、手軽なしょうゆ漬けです。

<材料>
ガリ500g、酒100cc、みりん150cc、しょうゆ300cc

<つくり方>
(1)ガリを水から鍋に入れ、10分程煮ます。
(2)なべに酒とみりんを入れて、火にかけアルコールを飛ばし、次にしょうゆを入れ、先ほど煮たガリを投入します。
(3)ひと煮立ちしたら、さまして完成です。

ほかほかのご飯にのせたり、お豆腐にのせていただくのがオススメです。また、調味料としても使えます。野菜や肉を炒める時にこれを入れるだけで、美味しいしょうが焼きのできあがりです。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ