どさんこワイド179

海鮮に絶品肉!知られざる名物を発見!小樽ぶらり

2019年12月20日(金)

海鮮に絶品肉!知られざる名物を発見!小樽ぶらり

  • 特集
本日の特集は、アルマン芽生さんが小樽市を巡り、まだまだ知らない魅力や名物を発見しました。

俺のどんぶり

【住所】小樽市稲穂3丁目10-13 三角市場内
【電話番号】090-3899-9909
【営業時間】8:30〜18:00
【定休日】年中無休
※1月1日(水)は休業
  • 特集
  • 特集
まず訪れたのはJR小樽駅のすぐ近く、三角市場の中に新しい飲食店がオープンしました。こちらはお店の生け簀から魚介類を自分で選び、いただきます。選んだ魚介類は目の前で調理してくれます。アルマンさんはホタテとホッキを選び、丼にしました。
  • 特集
    ●ホタテ・ホッキ・いくらの丼 1500円 ※仕入れ値により変動

館ブランシェ

【住所】小樽市花園1丁目3-2
【電話番号】0134-23-2211
【営業時間】11:00〜21:00
【定休日】水曜日
  • 特集
  • 特集
老舗が連なる花園銀座商店街にやってきました。一般的なモンブランとは違う、あるモンブランが人気と聞いて、昭和11年創業の“館ブランシェ”に向かいました。昔も今も小樽市民の憩いの場。店の奥には、昭和の雰囲気が漂う喫茶スペースがあります。使っている真っ赤なイスや装飾品は、創業当時のままだそうです。
ケーキは常に20種類以上ありますが、モンブランを探してみると…。なんと!小樽ではチョコレートケーキをモンブランと呼んでいました。
  • 特集
何故小樽ではチョコレートケーキをモンブランと呼んでいるのか、小樽で最も古い洋菓子店、昭和3年創業の“米華堂”でお話を伺うと、米華堂が小樽モンブランの発祥だとか。初代創業者がモンブランを作ろうとしたが北海道には高級な栗がなかったので、チョコでモンブランを表現したと伝わっているそうです。ただ、これはあくまで米華堂の話で、今回調べた限りでは小樽モンブランの発祥は諸説あるようです。

小樽運河クルーズ

【電話番号】0134-31-1733
※要予約
運行情報は小樽運河クルーズのホームページをご覧ください。
  • 特集
小樽運河では「小樽ゆき物語」が開催中です。1万個のLEDライトが運河を青く染め、クリスマスを感じられる空間になっています。小樽ゆき物語は2020年2月までです。

小樽地鶏専門店 鳥ま津

【住所】小樽市稲穂1丁目4-15 おたる屋台村レンガ横丁内
【電話番号】090-8706-2211
【営業時間】18:00〜23:00
【定休日】月曜日
  • 特集
小樽地鶏を求めて、おたる屋台村レンガ横丁内にある“鳥ま津”へ向かいました。小樽地鶏は歯ごたえと弾力が特徴です。肉質を良くするため、ニンニクとオカラをエサとして与え、飼育日数は一般に出荷される鶏の3倍、150日以上もかけています。じんわり焼くことで鶏の旨みを閉じ込め、噛むとじわ〜っと旨みが広がります。寒い時期は「小樽地鶏のスープ鍋」もオススメです。
  • 特集
    ●小樽地鶏の炭火焼き 1人前500円
  • 特集
    ●小樽地鶏のスープ鍋 1人前1200円
STVどさんこ動画
どさんこアプリ