どさんこワイド179

流氷の下の神秘の世界!どさんこネイチャー

2020年2月18日(火)

流氷の下の神秘の世界!どさんこネイチャー

北海道の自然の魅力に迫る企画「どさんこネイチャー」。今回は真冬の風物詩・知床の流氷の海のの世界を、水の中から撮影できる“水中ドローン”の映像でお伝えしました。

網走流氷観光砕氷船 おーろら

  • 網走流氷観光砕氷船 おーろら
  • 網走流氷観光砕氷船 おーろら
世界初の観光を目的とした砕氷船「おーろら」は、オホーツクの冬の風物詩・流氷を目の前で楽しむことができる船です。船底が氷にぶつかり、船全体が振動するほどの迫力が伝わってきます。

流氷ウォーク

【お問合せ】マリンエンタープライズプロジェクト知床 0152-22-5288(受付 7:00〜15:00)
  • 流氷ウォーク
  • 流氷ウォーク
世界自然遺産・知床の西側にある斜里町ウトロは流氷観光の盛んなエリアです。
知床の海で「流氷ウォーク」に挑戦しました。ドライスーツを着て流氷の上を歩いたり、流氷と同じようにオホーツクの海に浮いたり、インストラクターの指導のもとで体全体で流氷を感じることができます。毎年のようにやってくるリピーターも多くいます。

水中ドローンで流氷撮影

  • 水中ドローンで流氷撮影
  • 水中ドローンで流氷撮影
  • 水中ドローンで流氷撮影
水中ドローンを使い海中の無人撮影に挑戦しました。
冬の海を覗いてみると流氷が形づくる、自然の造形美が広がっていました。

流氷ダイビング

【お問合せ】ロビンソン ダイビングサービス 011-795-4646
  • 流氷ダイビング
  • 流氷ダイビング
  • 流氷ダイビング
知床には「流氷ダイビング」を楽しむ方たちもいます。「ロビンソン ダイビングサービス」の西村浩司さんに伺いました。

西村さん: 流氷は上から見るとあまり凹凸が無いように見えますが、水中で見るとかなり神秘的な形をしています。場合によってはトンネルのように複雑な形になっています。
ここでは水温がマイナスなので(塩分を含んでいるため)、きちっとした装備をし、ある程度のダイビング技術がないと楽しめません。流氷ダイビングはそういう方が中心に楽しんでいます。
北海道の人は“寒い時期にさらに寒いところで潜りたい・遊びたい”という感覚があまり無いのですが、実は北海道の人たちにも、もっと寒いところに行けばこういう世界が見られるということを体験してもらいたいですね。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ