どさんこワイド179

北の大地で奇跡の出逢い!スカパラ×白木朝くん

2020年2月24日(月)

北の大地で奇跡の出逢い!スカパラ×白木朝くん

  • 特集
本日の特集は、札幌市で暮らす6歳のトランペット奏者・白木朝くんと、日本が誇るバンド・東京スカパラダイスオーケストラの奇跡の出逢いに密着しました。
  • 特集
朝くんは幼い頃から音楽に興味を示し、2歳でトランペットを始め“ほぼ独学”で練習を続けてきました。
  • 特集
1989年にデビューした東京スカパラダイスオーケストラ。有名ボーカリストとも積極的にコラボレーションし、唯一無二のスタイルで活動を続けています。その実力は海外でも広く認められており、メキシコ最大の音楽祭でベストパフォーマンス賞を受賞したこともあります。
  • 特集
朝くんはメンバーの前でスカパラの曲・Paradise Has No Borderとルパン三世のテーマ’78を披露しました。ルパン三世のテーマはスカパラもライブでアレンジし披露している曲です。スカパラの皆さんは朝くんが大人用のトランペットで演奏していることに驚き、拍手を送りました。
  • 特集
朝くんは初めて自分でつくった曲をスカパラのみなさんにプレゼントし、「一緒にステージに立ちたい」という思いをメンバーに伝えました。すると…
  • 特集
GAMOさん(岩見沢出身):若い世代からすごい人たちが出てきている。しかも「どさんこ」でいるだなんて、凄い嬉しいです。
NARGOさん:トランペットは色んな楽器の中でも「声」に一番近いのではないかと、唇・肉体がふるえるので。「喋るように吹く」という感じがすでに(6歳にして)始まっているのが凄いなと思いましたね。僕もずっとトランペットをただただ好きで続けてきたんですけど、彼もずっとそういう気持ちで楽しんで吹いているんじゃないかなと思いながら聴いていました。ずっと大人になっても辞めないで続けていってほしいです。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ