どさんこワイド179

福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!

2020年8月11日(火)

福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!

北海道に潜むあらゆる謎や噂に迫るコーナー「福永探偵社」。今回は、高速道路のトンネルに潜入し、避難通路の先にある驚きの安全設備を調査しました。

占冠トンネル

  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
今回潜入したのは道東自動車道・むかわ穂別インターと占冠インターの間にある「占冠トンネル」です。
長さ3824mもあるトンネルは対向車とすれ違う“対面通行”で約350mおきに非常口が9つ設置されています。
ネクスコ東日本・柴田賢さんが非常口の先を案内してくれました。
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
非常口は火災の煙が奥にいかないよう二重扉になっていて、その先にはトンネルがもう一つありました。“避難坑”と呼ばれ、本線の占冠トンネルで火災や事故が起きた時に安全に避難するためのものです。
避難坑は本線と並行して作られています。長さは占冠トンネルと同じ約3.8kmあり、トンネル中央付近から徒歩で避難した場合、出口までは25分かかる計算になります。
避難坑は車も通れる広さがあり、救急車が行き来できるように設計されています。
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
避難坑には非常電話もありました。高速道路にある非常電話は受話器を上げるだけで直通で道路管制センターに繋がります。
受話器の横にある4つのボタンは会話の不自由な方用で、押すだけで車の故障・事故・救急・火災と状況を知らせる事ができます。
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
避難坑の中を出口まで進み、ドアに付いている緑色の非常用ボタンを押すと外に出ることができます。
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
外に出ると大きな建物があり、トンネル内にある消火栓や水噴霧装置に水を送るための装置が入っています。占冠トンネルには793個のスプリンクラーがあり、トンネルから染み出た地下水を利用しています。
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
    汚れたポールにヒラヒラ付けた実験の写真
トンネル内の全てのポールにはヒラヒラしたものが付います。ポール自体は屋外にあるものと同じですが、このヒラヒラは何のためにあるのでしょうか?
ポールには反射板が付いていますが、トンネル内には排気ガスや埃が多いためすぐに汚れて反射板の効果が失われます。ヒラヒラを付けると車が巻き起こす風によって汚れを落とすことができます。
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
  • 福永探偵社〜トンネルの安全設備を調査!
トンネルには巨大な扇風機のような機械・ジェットファンがあります。トンネル内の汚れた空気を屋外に排出する送風機で、交通量が増す土日やお盆になると、トンネル内の空気の汚れを感知して風速35mの風を起こして空気を入れ替えています。
占冠トンネルの場合、火災時は現場の風速をゼロにする制御をします。対面通行のトンネルでは、風を一方向だけに送ってしまうと風下側の人が煙に巻き込まれ危険なため、現場付近の風速をゼロに制御して煙が真上に向かって立ち上るようにします。その間に350mおきに設置された避難口に逃げ込む事ができます。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ