どさんこワイド179

NORD島太星のお仕事トコトン体験記!小樽水族館の裏側に潜入!

2020年8月21日(金)

NORD島太星のお仕事トコトン体験記!小樽水族館の裏側に潜入!

  • NORD島太星のお仕事トコトン体験記!小樽水族館の裏側に潜入!
北海道の暮らしを支える知られざる大事なお仕事を、深川出身でバラエティ番組でも人気急上昇の島太星さんが体験する企画「北海道お仕事トコトン体験記」。今回はおたる水族館を支えている飼育員のお仕事を体験しました。
島さんは北海道出身ボーイズグループ・NORD(ノール)のメインボーカルを務めています。

おたる水族館

【住所】小樽市祝津3丁目303
【電話番号】0134-33-1400
【営業時間】9:00-17:00(最終入館16:30)
  • おたる水族館
観光スポットとしても知られている水族館です。「おたる水族館」は初めての島さん、想像を超える過酷なお仕事が待っていました。
11:00 館内見学&ニシンのエサやり
  • 11:00 館内見学&ニシンのエサやり
  • 11:00 館内見学&ニシンのエサやり
まずは館内を見学し、特別に裏側にも潜入しました。最初のお仕事は、400匹のニシンにエサをあげることです。与えるのは“オキアミ”というプランクトンです。
12:30 イルカショーで使う魚を切る
  • 12:30 イルカショーで使う魚を切る
  • 12:30 イルカショーで使う魚を切る
続いては、イルカショーのバックヤードでエサの準備です。冷凍保存したホッケやコマイなどの魚を毎日必要な分だけ解凍しています。
イルカに与えるエサの量は1頭ずつ決められていて、島さんはこの後にショーを控えているイルカのロビンちゃんにホッケ1.5kgを切りました。
自分が切ったエサを食べてくれるか心配な島さんでしたが、ショー本番では見事に技を決め、島さんが切ったエサを美味しそうに食べてくれました。
  • 12:30 イルカショーで使う魚を切る
イルカショーが終わった後は会場の消毒作業です。お客さんが手に触れる手すりやベンチを念入りに消毒します。一見、地味に見える作業ですが、ずっと中腰の作業は大変です。
14:00 草刈り&エサを冷凍保管庫に運ぶ
  • 14:00 草刈り
草刈りは重要な水族館のお仕事です。雑草が生えると蚊が発生し、動物が刺されてしまうと病気が広がる恐れがあるため、草刈りをしなくてはいけません。
この日の気温は30℃、体力が消耗された島さんは「もうヤバイっす。草刈りやって魚の飼育もして、愛がないと出来ないっす。」と話していました。
  • 14:00 草刈り&エサを冷凍保管庫に運ぶ
  • 14:00 草刈り&エサを冷凍保管庫に運ぶ
  • 14:00 草刈り&エサを冷凍保管庫に運ぶ
草刈り後に待っていたのは、トラックで運ばれたエサを冷凍保管庫に運ぶお仕事です。運ぶのはアザラシやペンギンのエサになる冷凍イカナゴのブロックで、1枚15kg、全部で60枚あります。
作業を始めて15分後、合計900kgのエサ運びが終了し、島さんも、一緒に手伝った岡崎アナもヘトヘトになりました。
15:30 トドのエサやり
  • 15:30 トドのエサやり
  • 15:30 トドのエサやり
続いては、トドのエサやりです。バケツに15kg入ったタラを3つ運んで与えます。トドは1頭で合計45kgのタラを丸のみにしました。
16:00 アザラシのプールの掃除
  • 16:00 アザラシのプールの掃除
  • アザラシのプールの掃除
  • 16:00 アザラシのプールの掃除
最後のお仕事は、生後4ヵ月のアザラシ・カツオくんのプールの掃除です。プールに藻が生えるので3日置きに掃除しています。
30分かけて綺麗になり、カツオくんが気持ち良さそうに泳ぐ姿を見ることができました。
1日飼育員さんに密着して、裏方さんの想像以上の大変さを実感することができました。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ