どさんこワイド179

どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター

2020年8月25日(火)

どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター

北海道のある場所を定点観察する企画「どさんこレコーダー」。今回は、約40年前から続く東区の住宅街にある老舗バッティングセンターに密着しました。

元町バッティングセンター

【住所】札幌市東区北30条東17丁目
【電話番号】011-783-6536
【営業時間】9:00〜21:00 ※11月下旬〜3月下旬(冬季休業)
【料金】18球 100円
  • 元町バッティングセンター
  • 元町バッティングセンター
  • 元町バッティングセンター
  • 元町バッティングセンター
約40年の歴史がある老舗バッティングセンターです。年季が入ったピッチングマシンは懐かしさを感じます。
大人から子供まで幅広い世代の方が打球の音を響かせていました。
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
時速140キロの剛速球を軽々と打ち返す男性は、ほぼ毎日来ているという常連さんでした。御年75歳で、速い球を打つ理由は「速い球に対応していくことは認知症の予防にも良いのかなぁと思って」と話していました。
こちらの男性が尊敬している人が「元町バッティングセンター」のご主人・山田哲さんです。
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
山田さんは御年88歳です。ご高齢だからと事務所でのんびりしているわけではありません。子供に合わせてピッチングマシンの高さを調整したり、調子が悪いマシンを直したり、お客さんの要望に応えます。
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
人生初のバッティングセンターという男の子もいました。お母さんと一緒に挑戦です。終わった後は「ちょっと楽しかったけど、ちょっと怖かった。」と話してくれました。
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
17時過ぎると仕事帰りの人がやってきます。中には、マイバットで打つ人や、重たい木製バットで特訓する人、さらには買ったばかりのグローブの革を伸ばすためにバッティングではなくキャッチングをしに来ている人もいました。
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
「元町バッティングセンター」は朝9時から夜9時まで、雪のない季節は無休で営業しています(11月下旬〜3月下旬は冬季休業)。この日も様々なお客さんが来ていました。
バッティングセンターに欠かせないのが“ホームラン賞”です。「元町バッティングセンター」のホームラン賞は、打席から約50m先にある網の中を狙います。1個入るとタオルかボールペンがもらえます。
1シーズンに3個入った場合は木製バットがプレゼントされます。
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
  • どさんこレコーダー〜老舗バッティングセンター
この日もホームラン賞を目指す男性が現れました。お話を伺うと35年くらい来ている常連さんで、ホームランも今年に入って4回、累計20〜30本打っているとのことです。この日は残念ながらホームラン賞は獲れませんでしたが、軽快な音を響かせていました。
  • 元町バッティングセンター
前日にも来てたお客さんが数人、この日も打ちにきていました。
毎日来ているという75歳の男性は「一日一回、体を動かしたほうが良いんじゃないかと思っています。」と笑顔で話してくれました。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ