どさんこワイド179

半額以下の商品も!土曜日限定の工場直売所

2020年9月11日(金)

半額以下の商品も!土曜日限定の工場直売所

函館名物・がごめ昆布を使ったつけ麺や、秋の味覚・南瓜の器に入ったグラタン、業務用の焼売など、土曜日限定でお得に買える工場直売所をご紹介しました。

鱗幸食品 工場直売所

【住所】札幌市西区八軒1条東5丁目2-16
【電話番号】011-611-6224
【営業時間】8:30〜11:00
※毎週開催ではありません。9月は12日(土)と26日(土)開催です。
  • 特集
まずは、北海道の美味しい食材を使って冷凍食品などを製造する鱗幸食品の工場直売所です。鱗幸食品がつくる食品の多くは、全国の百貨店や物産展などで販売してきました。しかし新型コロナウイルスの影響で生産量が激減。少しでも売り上げを増やそうと、今年4月から土曜日限定の直売所をオープンしました。店頭に並ぶ商品は週替わりで、約20〜30種類を2割から5割安く販売しています。

1番のオススメ商品「坊っちゃん南瓜のグラタン」をご紹介しました。十勝で獲れた手のひらサイズのカボチャを半分に割りグラタンソースを詰めた商品で、器ごと食べられてお値段はなんと300円!40%オフで販売されています。
  • 特集
    ●坊ちゃんかぼちゃグラタン 通常500円→300円
  • 特集
    ●十勝ふわとろいももち(6コ入り) 通常500円→300円
続いては「十勝ふわとろいももち」をご紹介しました。北海道の郷土食・いももちの中にチーズを入れています。お値段は4割引きの300円。砂糖醬油につけると更に美味しくいただけます。

冷凍食品以外も販売しています。本来は道産鶏肉を生のまま仕入れ、秘伝のタレで味付けした後に冷凍する商品ですが、直売所に来るお客さんのためにその日の朝に揚げ、提供しています。
  • 特集
    ●鶏の半身揚げ 800円
  • 特集
  • 特集
    ●札幌しゅうまい(6コ入り) 通常750円→500円
  • 特集
一番人気は「札幌しゅうまい」です。玉ねぎの甘さとお肉のジューシーさが特徴で、皮には“札幌”の西山製麺のラーメン用生地を使用しています。味付けは“札幌”福山醸造の醤油、具は“札幌”産の玉ねぎと道産豚肉を使用した、まさに札幌の美味しさを凝縮させた焼売です。

カネジン食品 工場直売所

【住所】札幌市東区北28条東8丁目1-3
【電話番号】011-753-1157
【営業時間】10:00〜16:00
  • 特集
こちらは東区にある製麺会社の直売所です。埼玉県やシンガポール・タイにも工場を持ち、各地のラーメン店に麺を供給しています。今年は世界的な外出自粛の影響で注文が激減、売り上げを伸ばすため土曜日限定の直売所をオープンさせました。

人気は多くのラーメン店に卸している麺と全く同じ4種類の生麺です。一番人気は「縮れ麺」、お馴染みの黄色い卵麺です。その他中華そばに使われる「細麺」や「つけ麺」用の極太の麺、道産小麦の栄養が詰まった胚芽なども一緒に練り込んだ「全粒粉麺」を販売しています。5玉入りの生麺はスープも付いています。
  • 特集
    ●縮れ麺(5玉入り) 600円
  • 特集
直売所には有名ラーメン店の味を再現した袋麺もあります。つけ麺発祥の店と言われる東京池袋・大勝軒の袋麺や、元祖札幌ラーメン横丁にある二代目萬来軒の袋麺を、約4割引きで購入できます。一番人気はがごめ昆布を麺に練りこんだ珍しいつけ麺です。北海道大学大学院に勤めるガゴメ博士・安井肇名誉教授との共同開発です。
  • 特集
  • 特集
    ●ガゴメ昆布つけめん(2食入り) 通常432円→300円
●細麺(5玉入り) 600円
●全粒粉麺(5玉入り) 600円
●つけ麺(5玉入り) 700円
●池袋 大勝軒 もりそば・中華そば(2食入り) 各通常486円→300円
●札幌ラーメン横丁 二代目萬来軒 しお・みそ・しょうゆ(2食入り) 各通常432円→250円
STVどさんこ動画
どさんこアプリ