どさんこワイド179

Go To トラベルでお得に!最上級温泉宿も!おとなの新潟旅

2020年9月24日(木)

Go To トラベルでお得に!最上級温泉宿も!おとなの新潟旅

今日の特集は、GoToトラベルキャンペーンでお得に楽しめる新潟の旅をご紹介!米どころ・新潟の美味しいものはもちろん、日本で5本の指に入るといわれる名旅館も登場しました。

Go To トラベルでお得!「新潟県 大満喫3日間」

【旅行代金】9万7900円〜10万7900円→Go To トラベル給付金適用で6万9900円〜7万9900円(地域共通クーポン1万2000円付き)
【出発日】11月1日(日)、2日(月)、4日(水)、15日(日)、23日(月・祝)、25日(水)、29日(日)
【お申込み・お問合せ】阪急交通社トラピックス 011-251-2750 https://www.hankyu-travel.com/ ※インターネット予約24時間受付中
【電話受付時間】月曜日〜金曜日 9:30〜17:30 ※9月24日(木)のみ18:00まで、土曜日・日曜日・祝日 9:30〜13:30
  • おとなの新潟旅
一般発売より一足先にご紹介しました。新型コロナ対策として、マスクの着用や検温はもちろん、移動に利用するバスの座席はお1人2席使用と距離をとっています。
宝山酒造
【住所】新潟県新潟市西蒲区石瀬1380
【電話番号】0256-82-2003
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
    新しい品種“新之助”で仕込んだ日本酒(写真右端)
明治18年創業の老舗酒蔵です。名物女将・渡邉由紀子さんが迎えてくれました。
ツアーではガイド用のトラベルイヤホンを使い、距離をとって案内してくれます。
試飲もでき、新しい品種“新之助”で仕込んだ日本酒もありました。フランスで開催されている日本酒コンクールで「Kura Master 2020 金賞」を受賞した、バナナの香りがするフルーティーなお酒です。
弥彦山ロープウェイ
【住所】新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898
【電話番号】0256-94-4141
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
続いて向かったのは、新潟の絶景を楽しめる霊峰・弥彦山です。ロープウェイを利用すると、5分程で山頂付近まで登ることができ、美しい日本海と金山で有名な佐渡ヶ島が望めます。
越後一宮 彌彦神社
【住所】新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
【電話番号】0256-94-2001
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
続いて訪れたのは弥彦山のふもとにある彌彦神社です。新潟県を開拓された神様がまつられています。2400年以上の歴史がある新潟屈指のパワースポットで、地元の方には「おやひこさん」と呼ばれ親しまれています。
お参りの際、一般的には2礼2拍手1礼ですが、彌彦神社には2礼4拍手1礼が作法として伝えられています。
毎年11月になると菊まつりが開催されます。
割烹 大善
【住所】新潟市中央区東堀前通1386
【電話番号】025-228-1916
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
    代表的な郷土料理「のっぺ」
江戸時代、北前船の拠点として栄えた港町で生まれたのが、新潟古町の花街文化です。
新潟市内にある老舗の割烹大善で、新潟の唄と踊り、料理を楽しみました。
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
江戸時代、日本海最大の港まちだった新潟で訪れる人々をもてなした「新潟古町芸妓」は、現在、新潟が誇る伝統文化です。
ホテル日航新潟
【住所】新潟市中央区万代島5-1
【電話番号】025-240-1888
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
1日目の宿です。お部屋でくつろいで、美しい夜景を楽しみながら、盛りだくさんの1日目は終了しました。
新潟市内観光
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
2日目の前半は新潟市内を観光し、日本一長い信濃川などを見学しました。
今回は特別に、第10代にいがた観光親善大使・須藤愛さんが案内してくれました。

須藤さん:新潟市は本州日本海側唯一の政令指定都市でありながら日本海、信濃川、山の恵みと四季折々の美しい自然があります。開かれた港町としての文化、また米どころとして栄えた豪農文化などお楽しみいただけます。道民のみなさまのお越しを心よりお待ちしております。
国指定名勝 旧齋藤家別邸
【住所】新潟市中央区西大畑町576
【電話番号】025-210-8350
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
豪商・齋藤喜十郎が大正7年(1918年)に建てた新潟市内にある別荘です。秋が深まると、お庭が紅葉で美しく染まります。
道の駅 新潟ふるさと村
【住所】新潟市西区山田2307 バザール館
【電話番号】025-230-3000
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
美味しいものが大集合している「新潟ふるさと村」でランチタイムです。名物・へぎそばとローストビーフ丼を食べました。その土地の名物を食べるのも旅の楽しみです。
白玉の湯 華鳳(かほう)
【住所】新潟県新発田市月岡温泉134
【電話番号】0254-32-1515
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
2日目の宿は県内1の名湯と言われる月岡温泉「白玉の湯 華鳳」です。こちらはプロが選ぶホテル・旅館ランキングで総合4位を獲得した、日本で5本の指に入る名旅館です。
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
自慢の温泉は広々とした露天風呂、お庭の風情を感じながら、湯船に浸かることができます。
源泉風呂は硫黄成分が強いため緑色をしています。“白玉の湯”と言われるだけあり、お肌がツルツルになります。
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
    雲海鍋
夕食は新潟の秋をイメージした料理が食べられます。中秋の名月をイメージした前菜、脂ののった白身魚の王様・のど黒、炊き立てのコシヒカリには藻塩をかけて食べるのがオススメです。
注目は黒毛和牛のすき焼き鍋です。すき焼きに綿菓子をのせることから“雲海鍋”と名付けられています。
北方文化博物館
【住所】新潟市江南区沢海2丁目15-25
【電話番号】025-385-2001
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
  • おとなの新潟旅
旅の最終日3日目、明治時代に建てられたお屋敷である「北方文化博物館」を訪れました。
農業で身を起こし、巨万の富を築いた豪農・伊藤家が明治時代に建てた邸宅で、いまは当時のくらしを伝える博物館となっています。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ