どさんこワイド179

NORD島太星のお仕事トコトン体験記!紅葉の名所でお仕事体験!

2020年9月25日(金)

NORD島太星のお仕事トコトン体験記!紅葉の名所でお仕事体験!

  • 特集
北海道の暮らしを支える知られざる大事なお仕事を、深川出身でバラエティ番組でも人気急上昇の島太星さんが体験する企画「北海道お仕事トコトン体験記」。今回は大雪山にあるヒグマ情報センターのお仕事を体験しました。
島さんは北海道出身ボーイズグループ・NORD(ノール)のメインボーカルを務めています。

大雪高原温泉ヒグマ情報センター

  • 特集
仕事の舞台は大雪・高原温泉沼めぐりコース。7キロのコースに大小10以上の沼があり、秋には大人気の紅葉スポットです。ここはヒグマが多く出没する場所でもあります。ヒグマ情報センターはヒグマを監視し、ヒグマと人との距離を保って環境と観光を守っています。

約15キロもの木材を背負って、お仕事体験記スタートです。目的の大学沼まではおよそ3.3キロ。険しい道のりですが絶景が広がっています。この景色と9月末にピークを迎える紅葉を求めて、シーズン中には6000人以上の方が訪れます。
  • 特集
  • 特集
  • 特集
登山道はヒグマの通り道でもあり、センターの職員さんは、登山道から20m先でヒグマと出会ったこともあるそうです。

登山者が予期せぬトラブルに見舞われることも多々あります。今回は靴底がとれてしまって困っている登山者と出会い、テープで応急処置をしました。あらゆるトラブルに対応するのもヒグマ情報センターの仕事です。この先へ登るのは危険と判断したら帰るように説得することもあるそうです。
  • 特集
  • 特集
  • 特集
綺麗な景色が広がる登山ルートですが、スタート地点との高低差は200m以上、険しい道も沢山あります。2時間以上かけ、今回の目的地・大学沼に到着です。紅葉のピークには絶景が広がります。

大学沼もヒグマの生活圏。ヒグマが登山道へ下りてきたり、登山者がヒグマに近づかないように巡視するのが主な仕事です。ヒグマが沼の対岸を泳ぐこともあり、その時人とヒグマとの距離は100mも無かったそうです。
  • 特集
  • 特集
  • 特集
登山コースは沼地なのでぬかるんでいます。ぬかるみを避けるため道の脇を歩くと植物に悪影響があるため、歩きやすいよう木道を作るもの仕事です。今回背負ってきた15キロの木材は木道作りに使用しました。

無事にお仕事完了。仕事終わりにセンターの皆さんが毎日入る、大雪高原山荘の温泉に一緒に入りました。
  • 特集
  • 特集
STVどさんこ動画
どさんこアプリ