どさんこワイド179

教えて!横田先生〜冬に向けての新型コロナ対策

2020年10月20日(火)

教えて!横田先生〜冬に向けての新型コロナ対策

  • 教えて!横田先生〜冬に向けての新型コロナ対策
感染症の権威で札幌医科大学教授の横田伸一先生をスタジオにお招きし、冬に向けての新型コロナ対策を教えていただきました。

Q:寒くても、我慢して換気をした方がいい?

  • 教えて!横田先生〜冬に向けての新型コロナ対策
横田先生:家庭ではあまり神経質になる必要はないと思います。ただ、風邪など体調不良の人がいる場合は別室で過ごしてもらい、その部屋は換気をしましょう。その際、寒くないように着るものや布団などを工夫してください。体を温めることは免疫力アップにも繋がります。
換気は部屋にもよりますが、1時間おきに5分〜10分が目安です。換気が悪い部屋は少し長めにしましょう。

Q:帰宅後、上着はどうしたらいい?

  • 教えて!横田先生〜冬に向けての新型コロナ対策
横田先生:コートなどからの感染リスクは低いですが、居間など部屋には持ち込まず、玄関や廊下などにかけておいた方がベターだと思います。
手袋もコートと同じで、あまり居間などに持ち込まないほうが良いでしょう。手洗い等はしっかりしましょう。

Q:花粉のようにコートを払ったほうが良いのか?
横田先生:ウイルスは水分が取り囲んでいるので、すぐに吸収されてしまい、そこから出てくることはあまりないです。花粉と同じように考えなくても良いと思います。

Q:乾燥の季節、注意点は?

  • 教えて!横田先生〜冬に向けての新型コロナ対策
横田先生:乾燥は、のどや鼻など気道の粘膜のバリアを弱くしてしまうことがあるので、室内では加湿器を使うなど湿度管理は大事です。一般的には、湿度を50%〜60%くらいに保つのが理想です。
自分自身の水分補給も忘れずに意識しましょう。

Q:風邪?インフルエンザ?新型コロナ?体調不良の時はどうしたらいい?

  • 教えて!横田先生〜冬に向けての新型コロナ対策
横田先生:新型コロナの疑いがある場合、自分の判断で病院にいってはいけません。これまでは、まず保健所に電話相談と言われていましたが、これからは相談が急増すると思います。今は、まず“かかりつけ医”に電話相談することが重要です。かかりつけ医は「以前にかかったことがあってカルテを持っている先生」と考えると良いです。 

Q:コロナとインフルエンザ、同時にかかることはある?

横田先生:中国から同時感染の報告が見られています。ただ、同時にかかったからといって重症化するかはまだ分かっていません。

Q:新型コロナウイルスワクチンはいつから?安全性は?

10月2日(金)、厚生労働省は接種を受ける全国民の費用を国が全額負担し、国民は無料で接種できる案を示して了承されました。この案を今月下旬の臨時国会に提出し、成立を目指す段階です。
  • 教えて!横田先生〜冬に向けての新型コロナ対策
横田先生:新型コロナウイルスのワクチンは海外でさかんに臨床試験が行われていますが、有効なワクチンは現状まだ見つかっておりません。安全性についてもこれからの臨床試験の結果待ちで、まだ確立されたとは言えません。国は未知数のワクチンを広く摂取するという方針になっているので、もしワクチン接種で健康被害が出た場合、手厚く保障しようという方向で動いています。